12月19日(土)、20日(日)と2日にわたって幕張メッセで開催される『ジャンプフェスタ2016』のジャンプスーパーステージに、漫画『遊☆戯☆王』の原作者・高橋和希、アニメ『遊☆戯☆王』で主人公・武藤遊戯を演じた風間俊介、そのライバル・海馬瀬人を演じた津田健次郎が登壇することがわかった。

1996年から2004年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された大ヒット漫画『遊☆戯☆王』が、来年誕生20周年を迎える。さらに、1999年に放映を開始したテレビアニメシリーズが今年で15周年を迎えたことを記念し、完全新作オリジナルストーリーが描かれる劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』が、2016年GWに公開される。劇場版の脚本・キャラクターデザインなどの制作総指揮は、原作者の高橋が担当する。

さらに今回、城之内克也役を高橋広樹、真崎杏子役を齊藤真紀、本田ヒロト役を菊池英博、獏良了役を松本梨香、海馬モクバ役を竹内順子が演じることも決定。あわせて、モクバの設定画も初公開された。

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)9月14日放送の「迷宮カクテル(後編)」では、工藤邸で、工藤新一の両親である工藤優作と工藤有希子、居候して身を隠している赤井秀一、黒ずくめの組織のバーボンとして侵入した安室透が対峙。短い時間だったもののトレンド入りするほどの盛り上がりとなった。 江戸川コナンと毛利蘭は、脅迫状が届いたという資産家から仕事を依頼された毛利小五郎、そして偶然やってきた喫茶ポアロの安室とともに、彼の経営する店に会いに行くことになる。待ち合わせ...

ページトップへ
Twitter Facebook