12月19日(土)、20日(日)と2日にわたって幕張メッセで開催される『ジャンプフェスタ2016』のジャンプスーパーステージに、漫画『遊☆戯☆王』の原作者・高橋和希、アニメ『遊☆戯☆王』で主人公・武藤遊戯を演じた風間俊介、そのライバル・海馬瀬人を演じた津田健次郎が登壇することがわかった。

1996年から2004年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された大ヒット漫画『遊☆戯☆王』が、来年誕生20周年を迎える。さらに、1999年に放映を開始したテレビアニメシリーズが今年で15周年を迎えたことを記念し、完全新作オリジナルストーリーが描かれる劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』が、2016年GWに公開される。劇場版の脚本・キャラクターデザインなどの制作総指揮は、原作者の高橋が担当する。

さらに今回、城之内克也役を高橋広樹、真崎杏子役を齊藤真紀、本田ヒロト役を菊池英博、獏良了役を松本梨香、海馬モクバ役を竹内順子が演じることも決定。あわせて、モクバの設定画も初公開された。

3月16日に『フルーツバスケット』(テレビ東京系、4月5日スタート、毎週金曜25:23~)のアニメ化決定記念イベントが行われ、石見舞菜香(本田透役)、島崎信長(草摩由希役)、内田雄馬(草摩夾役)、中村悠一(草摩紫呉役)、種崎敦美(魚谷ありさ役)、佐藤聡美(花島咲役)が登壇。オンエアに先駆け、第1話、2話を先行上映、そしてキャストによるトークショーが行われた。

ページトップへ
Twitter Facebook