自転車<サイクル>ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの熱い戦いを描くアニメーション映画『劇場版 弱虫ペダル』の公開記念舞台挨拶が30日、台場シネマメディアージュにて行われ、山下大輝鳥海浩輔福島潤安元洋貴森久保祥太郎伊藤健太郎遊佐浩二野島裕史が出席。本作で劇場作品初主演を務めた山下に、サプライズで主人公・小野田坂道モデルの自転車用ヘルメットがプレゼントされた。

ヘルメットを着用し、安元の眼鏡を借りて“リアル・小野田坂道”に変身した山下は「本当に嬉しい!」と満面の笑み。改めて主演を務めてみての感想を聞かれると、「まさか劇場版になるなんて! 夢が叶いました。これは、ファンの皆さんのおかげだと思っています。また坂道を演じられて良かったです。ありがとうございます!」と感謝の気持ちを述べた。

完成した作品を見て、鳥海は「あっという間に見終わってしまいました。息つく暇がないというか、ずっと名場面が続いて、ずっとクライマックス感がありました。お酒を飲みながら見ていたけど、見入ってしまって2杯しか飲めなかったです(笑)」と感想を語り、森久保は「取材で何度も言っているのですが、ベストアルバムとか、シングルコレクションみたいな、美味しい所がいっぱい詰まっている作品じゃないかな。いかがでしたか?」と観客に問いかけ、熱い拍手が巻き起こった。

また、テレビアニメ1期、2期。そして劇場版のアフレコを通して“山下の成長を感じた”という安元は、「アニメ第1話と劇場版のアフレコを比較すると、山下くんの後ろ姿が違うんですよ。経験値をいろんな現場で積んで、“もう大丈夫なんだな”と思いました」としみじみ。それを受けて、山下は「アニメ第1話の試写もここ(台場シネマメディアージュ)でやったのですが、あの時の緊張が蘇ってきます。思い返すといろんな事があったんですけど、あっという間だったなと感じました。ここまで走って来られたのは、支えて下さった先輩やスタッフさん、皆さんのおかげです。頭真っ白になるくらい全力でやって、声を潰してもいいと毎回思っていました。『弱虫ペダル』は僕の人生を変えてくれた作品です」と振り返った。

最後に、山下は「皆さんにいただいていた元気や思いを返すつもりで、劇場版は全力で演じさせていただきました。色々なものが詰まった劇場版なので、1回見るだけじゃなくて、視点を変えて見てみるのも面白いと思います」とメッセージを送った。

4月10日よりテレビ朝日系列の深夜アニメ枠「NUMAnimation」でスタートした『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』。 『バトルアスリーテス大運動会』は、1990年代にアニメ・OVA・ゲームなどさまざまな

ページトップへ
Twitter Facebook