乃木坂46が総出演するドラマ『初森ベマーズ』(テレビ東京系列、毎週金曜24:12)が、8月19日の撮影でクランクアップを迎えた。さらにこの日、8月20日がキレイ役・白石麻衣とハーバード役・秋元真夏の誕生日ということで、メインキャストが集結し、1日早いバースデーケーキが送られた。

23歳になった白石は、「誕生日の前日で、お祝いしてもらうのが今年初めてだったし、ドラマの現場でお祝いしてもらうことも初めてだったので、とっても嬉しく、いい思い出になりました。実は昨日の現場で、プロデューサーさんに“明日お祝いしてもらえるんですか?”って聞いちゃったんですけど、まさか本当にお祝いしてもらえるとは思っていなかったのでびっくりしました」と明かし、22歳になった秋元は「お昼休憩の後に、みんな呼びだされて、今日クランクアップのはずだったのに、クランクアップできなくなったって言われるのかなあと思って、お祝いをしてもらえるなんて予想していなかったのでとってもびっくりしました。現場でサプライズでお祝いしてもらえるのが憧れで、クランクインがなーちゃん(西野)の誕生日でいいなと思っていたので、すごく嬉しかったです」と喜びを語った。

また、本作で初主演を務めた西野七瀬は、「ドラマでは私が中心にストーリーが進んでいくので、大丈夫かなって不安でした。でも、スタッフさんたちはみなさん優しい方たちばかりでしたし、暑い中ずっと現場に出ていて(日焼けして)どんどん黒くなっていく姿を見て、絶対演じきらないとあかんって思ってやっていました。自分にとってすごくいい思い出になりましたし、暑くて大変だったけどそれ以上にとっても楽しかったです。また皆さんと一緒にお仕事できるように頑張っていきます」と撮影を振り返った。

19日は決勝戦「初森ベマーズVS聖ポラリス学園」の試合シーンの撮影が行われ、西野らメインキャストは厳しい暑さの中、熱い対決を繰り広げた。メンバーのほとんどが不安から始まったという今回のドラマ。この日、過酷な状況の中無事クランクアップを迎えた安心感と達成感に、中には号泣するメンバーも。口々にスタッフへの感謝の言葉を述べ、スタッフとともに喜びを分かち合っていた。

ムロツヨシ、古田新太、田中圭が出演するドラマ24『Iターン』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第7話が、8月23日に放送。インターネット上では、目的のためならどんな手段も惜しまない竜崎組の組長を演じる田中の“演技の振り幅”に注目が集まった。

ページトップへ
Twitter Facebook