俳優の高橋健介が18日、東京ビッグサイトにて開催中の「東京おもちゃショー2015」(株)バンダイブースにて行われた、ウルトラマンシリーズの最新作『ウルトラマンX』(テレビ東京系列、7月14日スタート)の制作発表会に出席。「キャスト・スタッフ一同、愛を込めて毎日撮影しております。どんなにハードルを上げていただいてもかまいません! 皆さんの期待を必ず超える自信があります!」と、力強く作品をアピールした。

この日、本作の主題歌「ウルトラマンX」を作詞したおちまさともステージに登場。おちは「脚本を読ませていただきまして、劇中にウルトラマンエックスと大空大地が会話をするので、その心の葛藤を前半に描きながら、サビで決心して戦っているっていうところをポイントに作らせていただきました」と、歌詞に込めた思いを語った。歌うのは、数々のウルトラマンシリーズの主題歌・挿入歌を担当しているユニット・ボイジャーに加え、高橋もヴォーカルとして参加。ボイジャーのTAKERUは、「レコーディングの何日か前に、高橋くんが“緊張しているんですけど、どうしましょう”ってLINEを送ってきたんです。でも、当日全然緊張してなかったんですよ!」と話すと、高橋は「TAKERUさんが“俺の真似をすれば大丈夫”って言ってくれたので、リラックスできました」と感謝。しかし、ボイジャーの瀬下千晶が「めっちゃ上から言ってるやん(笑)!」と突っ込み、TAKERUは「2人で一緒に歌っていて、どっちを歌ったら良いかわからなくなるって言うので“僕のラインを真似してね”ってアドバイスしたんですよ! そういう言い方したら誤解されるじゃん!」と抗議し、観客の笑いを誘っていた。

さらに今回、歴代41番目となる新ウルトラヒーロー「ウルトラマンエックス」が初お披露目され、中村悠一が声を担当することも発表された。また、主人公の所属する地球防衛チーム・Xioのラボチームで特別顧問を務める「ファントン星人グルマン」の声を松本保典が担当する。

本作は、テレビ東京の「新ウルトラマン列伝」内で繰り広げられる、完全新作・連続特撮アクションドラマ。宇宙から降臨し、最新アイテム“エクスデバイザー”にその魂を宿したウルトラマンと、そのアイテムを操る地球防衛チームの主人公。異なる性格の2人が力を合わせて地球の危機に立ち向かい、変化する姿を通して、未知なるものとの出逢いとコミュニケーションの素晴らしさを描いている。

イベントにはほかにも、坂ノ上茜、細田善彦、松本亨恭、月船さらら、神尾佑、原田隼人、百川晴香、監督の田口清隆が出席した。

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)9月14日放送の「迷宮カクテル(後編)」では、工藤邸で、工藤新一の両親である工藤優作と工藤有希子、居候して身を隠している赤井秀一、黒ずくめの組織のバーボンとして侵入した安室透が対峙。短い時間だったもののトレンド入りするほどの盛り上がりとなった。 江戸川コナンと毛利蘭は、脅迫状が届いたという資産家から仕事を依頼された毛利小五郎、そして偶然やってきた喫茶ポアロの安室とともに、彼の経営する店に会いに行くことになる。待ち合わせ...

ページトップへ
Twitter Facebook