7月より放送される、テレビ東京「ドラマ24」枠の記念すべき第40弾目は、乃木坂46総出演のスポ根青春ドラマ『初森ベマーズ』に決定した。企画・原作は、乃木坂46のプロデューサーでもある秋元康が担当する。

本作は、ソフトボールど素人の超弱小チームが強豪チームに戦いを挑む青春ドラマ。そこに昭和のスポ根アニメのような魔球やアクロバティックなプレーなど劇画的な要素が加わり、まさに、テレ東深夜の「ドラマ24」にふさわしい作品となっている。タイトルにもなっている、ソフトボールのチーム名「初森ベマーズ」は、弱小チームの成長を描いた野球映画「がんばれ!ベアーズ」にならい、「初森ベアーズ」にしようとしたが、ユニフォームを注文する際、ベアーズの“ア”を“マ”に見間違えられてしまったことによる。

主人公・ななまる役を演じるのは、ドラマ初主演となる西野七瀬。乃木坂46総出演での連続ドラマは初ということで、西野は「AKBさんの“マジすか学園”みたいに、乃木坂のメンバーでドラマができたらいいねってよく言っていたので、嬉しいです。また、個人的にテレ東さんのドラマ24の枠はよく見ていたので光栄でした。女子ソフトボール部のお話ですが、ほとんどのメンバーがソフトボール未経験者なのでさっそく練習していて、筋肉痛になっています! それぞれあだ名も付けてもらって、撮影が楽しみな気持ちです。お世話になるスタッフさん達といい作品を作っていけるように頑張ります!」と喜びを明かした。

また、宿敵の強豪チームのキャプテン・キレイ役を演じる白石麻衣は、「乃木坂で何か作品が作れたらというのがずっと夢見てた目標であったので、ドラマが決まった時はとても嬉しかったです。 今回の内容が女子ソフトボール部ということで、皆でソフトボールの練習をしたり初めての取り組みで苦戦したりしていますが、ソフトボールはチームプレーなのでメンバーや周りのスタッフさん方と心を一つにして最高のチームで素敵な作品ができるよう、精一杯頑張りたいと思います」と語った。

ななまると同じ学校で生徒会長を務める、何もかもを無難に収めようとする“ブナン”役を演じる桜井玲香は、「ずっと“乃木坂でドラマがやりたい!”とメンバー同士話していました。今はソフトボールの特訓もしていてかなり気合いが入っています! まだどんなドラマになるかわかりませんが、かなり白熱の試合が繰り広げられそうなので、乃木坂46のイメージにはない“熱血・スポ根”な感じをこのドラマを通して新たに表現出来たらいいなと思います!」と、意気込みを述べている。

そのほか、クールなオシャレ美少女・マルキュー役を橋本奈々未、ピアニスト志望の少女・ショパン役を生田絵梨花、剣道部の少女・コテ役を高山一実、演劇部所属で夢はアカデミー女優・アカデミー役を生駒里奈、“イマドキ”見かけない昔ながらのヤンキー・イマドキ役を若月佑美、数学や物理学が得意な天才少女・ハーバード役を秋元真夏、家庭の事情で幼い兄弟の面倒を見ていることから“カアチャン”と呼ばれている高校生役を深川麻衣、神経質で超ネガティブ根暗な少女・ユウウツ役を松村沙友理、キレイのことをリスペクトしていて、「初森ベマーズ」の情報をこまめに報告してくる・シェリー役を衛藤美彩が演じる。

ストーリーは、寂れた下町に住む少女たちが思い出の公園を守るために、ソフトボール経験のないメンバーばかりで女子ソフトボールチームを結成し、超強豪チームに戦いを挑むというもの。“はじまる”をキーワードに、厳しい特訓、仲間とのケンカ、恋愛、友情などなど、この時代だからこそ心に響く真っ直ぐな物語を展開する。

関連ワード

2018年11月に欅坂46を卒業した今泉佑唯が、2月17日放送の日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系、毎週日曜21:00~の)第6話にゲスト出演。グループ卒業後、初のドラマ出演になるが、「ドキドキ緊張していたんですが、これから女優として前に進んでいけたらいいなと思っています」と新たな決意を語っている。

ページトップへ
Twitter Facebook