日本大震災から4年目となる2015年3月11日(水)に、テレビ東京系列で瀧本美織主演のスペシャルドラマ『フラガールと犬のチョコ(仮)』が放送されることがわかった。「スパリゾートハワイアンズ」でフラダンスを踊る“フラガール”になることを夢見る森田沙衣(瀧本)が、念願のフラガールになった数年後、東日本大震災の影響で福島第一原発事故が発生。故郷・双葉町は警戒区域に指定されてしまい、いつもそばにいてくれた愛犬・チョコは実家に取り残されることに。震災後の混乱の日々のなかで、必死に笑顔を届けたフラガールと、飼い主を信じて生き続けた愛犬との感動のストーリーとなっている。

主演を務める瀧本は、「正直、不安が大きくて、福島の方や、実際に震災に遭われた方がドラマを観て、その当時を思い出して、悲しくなって辛くなってしまうだけだったらどうしようという風に思ってしまっているところはありました。でも、それを超える前向きなメッセージを伝えたいと思いました」と意気込みを述べ、また「私は福島に行ったのも今回が初めてで、震災の当日もお仕事で滋賀県にいたので、地震を体験していませんが、映像を見てすごく衝撃的で、当時、何かできることがないかと色々考えました。今回のこのドラマが、素敵な作品になったらいいなと思います。またドラマでは、ダンスが軸になりますが、フラには人を癒す力があると思いますので、それが皆さんの癒しとなり、あたたかい気持ちになってくれればうれしいです」と、見どころを語っている。

本作は、福島県いわき市にある「スパリゾートハワイアンズ」のダンシングチームの現リーダー・モアナ梨江さんと愛犬の実話を基に制作。主人公・沙衣の同期のフラガール・竹沢かすみ役を波瑠、沙衣がフラガールを目指すきっかけとなった伝説のフラガールで、沙衣たちにダンスを教える吉本美那子役を菊池桃子、「スパリゾートハワイアンズ」の支配人で、ダンシングチームのマネージメントも兼務する長谷田武士役を伊原剛志が務める。

■『フラガールと犬のチョコ(仮)』
2015年3月11日(水)21:00~23:08(テレビ東京系列)

誰もが「絶対に倒産する」と断言した大赤字のメガネチェーンを買収したひとりの若者が、絶体絶命のピンチを何度も乗り越えて世界進出するまでを描いた“ウソみたいなホントの話”を勝地涼主演でドラマ化する『破天荒フェニックス』。 2

ページトップへ
Twitter Facebook