1月21日(水)放送の『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』第42話より、アベンジャーズたちと最強のヴァンパイア・ハンターの「ブレイド」が共闘する、「ブレイド編」がスタートすることがわかった。

今回新たに登場する「ブレイド」とは、マーベルを代表するヒーローで、人間とヴァンパイアのハーフであり最強のヴァンパイア・ハンターとしてその名を轟かせている。主人公・アキラたちの前に突如現れた謎のヴァンパイア軍団に、アベンジャーズの力を持ってしても太刀打ちができない状況に……。そんな苦戦の最中に、ブレイドが登場! アベンジャーズに加勢する。果たして、窮地を脱することはできるのか!?

[第42話ストーリー]次元ホール発生装置の開発が大詰めを迎え、みんなの疲労がピークに達しつつある中、トニーは気分転換のためにアキラたちを博物館に連れて行く。様々な展示品に魅入っていると、突然館内の照明が消えてしまった! 状況を把握すべく、アキラとエドが一階を、ヒカルとクリスとジェシカが二階を見回ることに。あちこちから悲鳴が聞こえる中、アキラの前にジュウベエが姿を現す。天井に張り付いた無数のヴァンパイアとともに……。

■『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』
2015年1月21日(水)18:30~18:57(テレビ東京系列)
(C) 2014 MARVEL

“ひねり王子”として注目を集める体操の白井健三選手が、10月19日に放送される『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系、毎週金曜19:00~)で、しんのすけのために“I難度”の技を考案することがわかった。『クレヨンしんちゃん』は、1992年4月に放送がスタートし、今年放送27年目に突入した国民的アニメ。今回の企画は、10月29日(月)から6夜連続放送される『世界体操』とコラボレーション。

ページトップへ
Twitter Facebook