事後記事のサムネイル用です

鈴木ゆうか小宮璃央がW主演を務める水ドラ25『JKからやり直すシルバープラン』(テレビ東京系、毎週水曜24:10~)の第4話が、12月1日に放送。「見た目に頼るな」という二ノ宮小百合(鈴木)の説教に、SNS上で共感の声が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、キルタイムコミュニケーション刊行の累計30万部越えの大人気コミックが原作。傲慢なお嬢様・小百合が「シルバープラン」に則って、“やりすぎた過去を反省し、自分を律するために高校時代からやり直す”という新しい切り口のタイムリープ作品。

これまで学んできたシルバープラン「人脈」「学習」に次ぐ3つ目の柱を考えていた尾上慎二(小宮)ら。そんな中、柏村真紀(祷キララ)は「顔」だと言い切る。その理由として、性格は悪くても人が集まる白石ハヤナ(紺野彩夏)が良い例だと話す。

白石ハヤナ(紺野彩夏)
白石ハヤナ(紺野彩夏)

そんなハヤナは、マジメになった小百合が気に食わず、合コンに行くなどして遊びまくっていた。しかしその夜、尾上から電話がかかって来て、合コンの帰り道にハヤナが行方不明になってしまったことを知る。必死になって探す小百合と尾上は、柏村とも合流。間一髪、大学生に襲われそうになっているハヤナを救い、小百合はその大学生に向かって「この子には明るい未来が待ってるの!」と一喝。

ラストに小百合は、ハヤナたちを前に「見た目に頼るな。美しさはいつか失われていくことだから。そんなもので人の心は動かせません」と説いていた。

SNS上では、「美しさはいつか失われていく」という台詞について、「これまでの話で一番心に刺さった言葉」というコメントや、「人生は顔じゃないよね!」「外面ももちろんだけど、中身や知識を磨くことが人生において大切なこと」という声があがった。

次回、第5話は12月8日に放送。「家族は人生の味方か、敵か」をテーマに、「親の貧富の差」や「介護」について考える。

菅田将暉主演が主演を務める月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第1話の「見逃し配信」が、フジテレビ歴代最速で100万再生を突破。その後第2話が始まるまでの1週間(1月10日~17日)の見逃し配信再生数が、424万再生を記録したことが同局より発表された(FOD、TVer、GYAO!、Yahoo!の合計値)。

ページトップへ
Twitter Facebook