矢作穂香が主演を務めるドラマ25『おしゃ家ソムリエおしゃ子!2』(テレビ東京ほか、毎週金曜24:52~)の第9話が、12月3日に放送される。

本作は、WEB漫画「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」(著:かっぴー)が原作で、2020年の7月期にドラマ化された人気作のシーズン2。おしゃれに関する英才教育を受けてきた“おしゃ家ソムリエ”のおしゃ子(矢作)は、オシャレな家に住んでいる男性としか付き合えない特殊体質の持ち主で、結婚相手としてふさわしいオシャレな家=「おしゃ家」に住む男性を探すが、出会う人はダメな家=「ぶしゃ家」に住む男性ばかり。理想の高いおしゃ子が家にお持ち帰りをされては、その毒舌で強烈なダメ出しを繰り返す痛快ラブコメディが描かれる。シーズン2には、前作から続投の富田望生MEGUMI岩崎う大、特別出演の市原隼人をはじめ、曽田陵介今井翼ら新キャストが加わる。

第8話では、伊藤あさひが「昭和」をこよなく愛する和装男子・仁保雨蝶役で登場。彼がコピペ男子だということを暴くという展開に、ネット上では「おしゃ子のはじけっぷりが面白い」「衣装がかわいい」「良いところはちゃんと褒めてあげるおしゃ子が素敵」などのコメントが寄せられた。

<第8話あらすじ>
パーティで出会った超合理的人間・六田木来(藤森慎吾)に合理的に連絡先を聞かれ、即交換するおしゃ子(矢作)。

おしゃ子(矢作穂香)
おしゃ子(矢作穂香)

デートに誘われホテルで食事、六田木との合理的トークが弾み、おしゃ子は家に招待される……が案内された先はホテルの一室!?

六田木はホテルに住む「ホテル男子」。おしゃれだが、おしゃ子の見たい人間らしさが感じられない部屋に「チート部屋だ」と否定するものの、六田木の合理的な理論に論破されそうになり……。

ページトップへ
Twitter Facebook