気持ちの入ったタップに注目!

原田知世が主演を務めるドラマ24『スナック キズツキ』(テレビ東京系、毎週金曜24:15~)の第8話が、11月27日に放送される。

原作は、女性を中心に幅広い支持を得ており、最近では「僕の姉ちゃん」のドラマ化でも話題になった漫画家・益田ミリによる同名コミック。主演の原田は、傷ついた人がたどり着くちょっと変わったお店“スナックキズツキ”の店主トウコを演じる。共演者として成海璃子平岩紙塚地武雅小関裕太徳永えり西田尚美丘みつ子堀内敬子吉柳咲良八嶋智人浜野謙太らが出演。今日もまた、トウコの不思議な癒しの力で、誰かの心が救われる。

第7話では、どこか孤独な日々を過ごしている佐藤ヨシ子(丘)がシャンソンを披露。その歌声や歌詞に、SNS上では、「その人の人生があるんだから他人にかわいそうなんて思われたくない」「歌詞にも歌声にもジーンときた」「大切な人に幸せになってほしいという気持ちになった」といった感想が寄せられていた。

<第7話あらすじ>
今回スナック キズツキを訪れる客は中島香保(西田)の同級生・南裕子(堀内)。言うことを聞かない子供たちにも、ヘルパーの仕事でもモヤモヤがたまる日々……。

娘・芽衣(吉柳咲良)と南裕子(堀内敬子)
娘・芽衣(吉柳咲良)と南裕子(堀内敬子)

今回の店主トウコ(原田)のおもてなしは、なんと“タップダンス”!

おいしいシュークリームとコーヒーに癒され、「感謝の言葉が欲しいわけではないけれど、誰かにわかってもらいたい」という気持ちを、タップにぶつける。

高田夏帆と戸塚祥太(A.B.C-Z)がW主演を務めるドラマイズム『凛子さんはシてみたい』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜24:58~)の第7話が、11月30日に放送。今回は戸塚演じる上坂弦の目線でストーリーが展開し、ネット上では反響が寄せられた。

ページトップへ
Twitter Facebook