神保仁(田中圭)

田中圭が主演を務める『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第1話が、10月15日に放送された。SNS上では、田中演じる天才遺伝子科学者・神保仁が醸し出す物腰柔らかな教授の雰囲気が絶賛されていた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、作・夏緑、画・菊田洋之による人気コミック「らせんの迷宮―遺伝子捜査―」を実写化したヒューマンミステリー。「DNAは嘘をつかない」が口癖の神保(田中)が、熱血刑事・安堂源次(安田顕)や科捜研の乱原流奈(倉科カナ)と共に、遺伝子捜査の裏にある人間模様に迫る。

ある日、都内で「X」印を付けられた遺体が発見された。安堂は「これは10年前と同様の事件では?」と犯人の逮捕に意気込むが、ある事情で捜査から外されてしまった。腑に落ちない安堂は独自で動こうと、最近知り合ったDNAの専門家・神保の協力を仰ぐことに。しかし、人情を大切にする安堂と、おっとりとしながらも、科学的なDNAだけが頼りと言い切る神保はまるで価値観が合わない。しかし、あることがきっかけで心が通い、改めて一緒に事件を捜査することになった。

熱血刑事・安堂源次(安田顕)、科捜研の乱原流奈(倉科カナ)、天才遺伝子科学者・神保仁(田中圭)
熱血刑事・安堂源次(安田顕)、科捜研の乱原流奈(倉科カナ)、天才遺伝子科学者・神保仁(田中圭)

捜査を進めるうち、神保は「ひとつだけ他の事件とは異なる手口のものがある」と突き止めた。神保は捜査線上に浮かびあがってきた人物と接触するも、その直後、その人物は誰かに建物から落とされて死亡。なぜか被害者の手には神保の毛髪が巻き付けられていた。

すっかり事件に巻き込まれた神保に対し、安堂は頭を下げ「これ以上迷惑がかけられない」と捜査から離れてもらおうとする。しかし神保は毛髪というDNAを使って自分に警告してきた犯人に憤りを感じ「この挑戦状に受けて立つ!」と立ち向かう姿勢を見せた。その覚悟に安堂はとことん付き合うと約束したが、ほどなく神保は突然研究室から失踪してしまう……。

安堂源次(安田顕)、乱原流奈(倉科カナ)
安堂源次(安田顕)、乱原流奈(倉科カナ)

SNS上では田中演じる神保について「おっとりした喋り方がツボ」「白衣姿にノックアウト!」「癒される」「ゆるいのか怒ってるのかわからないところがサイコー」と賛辞の言葉が溢れていた。

また、神保&安堂のコンビに「2人の雰囲気がすごく好き」「心地良いバディ」といった声が見られた。

神保仁(田中圭)
神保仁(田中圭)

次回第2話は10月22日放送。「DNA婚活パーティ」に参加していた安堂と流奈は、会場で殺人事件に遭遇してしまう。

ページトップへ
Twitter Facebook