松重豊が主演を務める『孤独のグルメSeason9』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の最終話が、9月24日に放送。松重演じる井之頭五郎が注文した洋食メニューに、ネット上では「間違いない」「王道中の王道」などの声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

作・久住昌之、画・谷口ジローによる同名漫画が原作の本作は、主人公の五郎が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。

商談のため、神奈川県の伊勢佐木長者町にあるお米屋さんを訪れた五郎。店主である伊藤良介(ずん飯尾和樹)との話もそっちのけで、その店で売られている「にんにくおむすび」が気になってしまう。しかし、商談が終わる頃には、全て完売。五郎は空腹を抱えたまま、店を探すことに。

五郎が見つけたのは、雰囲気のある昔ながらの洋食レストラン。「そうだよ、横浜といえば洋食もありだ。ファミレス普及以前のファミリーレストランに違いない」と店内に入った五郎は、さっそく牛ヒレの生姜焼きと、ハンバーグステーキのランチセットを注文する。デミグラスソースがかかった“ド直球”のハンバーグと、“大当たり”の生姜焼きを食べた五郎は「子供の頃、家族で行ったデパートの大食堂を思い出す」としみじみ。

そして、「まだ全然入るぞ」とナポリタンスパゲッティと、チキンのシャリアピンを追加で注文する。昭和の懐かしいケチャップ味のナポリタンには、粉チーズとタバスコをたっぷり。「ナポリタンは俺の胃袋の初恋相手だ」と微笑む五郎は、さらに「にんにくおむすびのリベンジだ」と、にんにく味の玉ねぎソースがかかったチキンのシャリアピンを食べ進む。

全て完食した五郎は、食後のコーヒーを飲みながら、「おいしく食べさせてくれた」とアットホームな雰囲気のレストランに感謝。店を出て、「さて、明日は浅草か。何を食おうかな」と、翌日の食事に思いを馳せるのだった。

五郎の頼んだメニューに、ネット上では「ラストにしてど直球」「メニューの時点で間違いない」「王道中の王道だ」「美味くないわけがない」「ほのぼのと完全勝利」「最後もうまそうの連発だった」などのコメントが寄せられ、同時に最終話を迎えた本作についても、「楽しみが1つ減ってしまった」「寂しい」「来週からないの辛い」「今からseason10が楽しみ」「次シーズンにも期待」などの声が上がっていた。

ページトップへ
Twitter Facebook