鳴戸哲也(古川雄大)

古川雄大が主演を務めるサタドラ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』(テレビ東京系、毎週土曜23:25~)の最終話が、8月7日に放送される。

同ドラマは、テレビ東京が土曜23時25分に創設した新ドラマ枠「サタドラ」第三弾作品で、古川が演じる “華麗でハイスペックな御曹司バチェラー・鳴戸哲也(なると・てつや)”を7名の女性たちが奪い合うという、欲望にまみれた愛憎サスペンスドラマ。7名の女性参加者役で、葵わかなトリンドル玲奈寺本莉緒尾碕真花北原里英成海璃子真飛聖が出演する。

第5話では、若菜(葵)が番組に応募した驚愕の理由が明らかに。女性陣の告白と予想のつかない展開に、ネット上では「結末が分からない」「もう何が起きるかまったく読めません」などのコメントが寄せられると同時に、葵の演技についても「すごかった!」「わかなちゃんやはり上手いな~」などの声が上がっていた。

<最終話あらすじ>
哲也(古川)は、父・英一郎(羽場裕一)の意向や自分の気持ちの中、激しい葛藤を繰り返しながらも、最後の一人を選ぶ。そして、番組の撮影は無事終了し、舞台は3か月後の結婚式へ!

河原麗奈(トリンドル玲奈)、志倉若菜(葵わかな)
河原麗奈(トリンドル玲奈)、志倉若菜(葵わかな)

様々な戦いがあったが、脱落した女性たちも笑顔で参列し、幸せな結婚式になる……はずだった。そこで待ち受けていたのは哲也の死。

鳴戸哲也(古川雄大)、志倉若菜(葵わかな)
鳴戸哲也(古川雄大)、志倉若菜(葵わかな)

哲也が最後に選ぶのは誰なのか? 最後に哲也を殺すのは誰なのか? ようやくすべての謎が明らかになる!

間宮祥太朗と上白石萌歌が共演するスペシャルドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』(日本テレビ系)の前編が9月19日に放送。ネット上では、笑いあり、伏線ありの物語に賞賛のコメントが多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook