比嘉愛未が主演を務めるドラマParavi『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系、毎週水曜24:40〜)の最終話が、7月28日に放送。最後に導き出した“夫婦”の形に、SNS上でさまざまな意見が飛び交った(以下、ネタバレが含まれます)。

中山和真(竹財輝之助)
中山和真(竹財輝之助)

本作は、原作・夏川ゆきの、漫画・黒沢明世による同名WEBマンガを連続ドラマ化。比嘉演じる主人公・中山文が、夫・和真(竹財輝之助)のスマホに届いたメッセージをきっかけに浮気疑惑を抱き、その真相に迫っていく“ざわハラ”ラブストーリー。

前回の放送で、全てが畑野さやかの(黒川智花)の嘘だと判明。和真への浮気疑惑は晴れたが、文は和真に「離婚しよう」と告げる。文を思うがゆえ秘密や嘘を重ねていったことで、全てを狂わせてしまった和真。「どうしてこうなってしまったのか……」と絶望の淵につき落とされていた。

家を出ていた文だが、さやかとしっかり向き合い話し合った結果「和真ともちゃんと話し合わなきゃ」と決意。和真のもとへ向かおうとしたその時、和真の同僚・高梨和己(小久保寿人)が急にやって来て、包丁で襲い掛かってくる。

樋口亮(坂東龍汰)、中山文(比嘉愛未)
樋口亮(坂東龍汰)、中山文(比嘉愛未)

逃げ惑う中、ついに文が刺されようとした瞬間……いつの間にかそこにいた和真が間に入り、背中を刺されてしまうのだった。

SNS上では衝撃的な展開に「最後までざわハラ」「自分なら許せない」「何はともあれ、ハッピーエンドで良かった」など、さまざまな意見が飛び交っていた。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、9月17日(金)から10月期のスペシャル企画として「米倉涼子ドラマ特集」と「窪田正孝ドラマ特集」がスタート。2人が出演するドラマ作品23タイトル(182エピソード)が無料配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook