① 太宰治や芥川龍之介の貴重な原稿が残る場所 江戸時代、“行楽の地”として知られるようになった「鎌倉」。明治時代以降は、“別荘地”としても発展しました。 鎌倉に別荘を構え、移り住んだ人たちの中には、作家たちも多くいました。現在も残る「鎌倉文

ページトップへ
Twitter Facebook