鉄道が走る“世界最高地点”だった場所

オーストリアの「ゼメリング鉄道」は、かつて世界で最も高い場所を走っていた鉄道です。
その場所は、峠にある「ゼメリング駅」。標高896mの地点にあり、開通当時“世界でもっとも標高の高い鉄道駅”でした。

ゼメリング駅ゼメリング駅

駅を見下ろす丘の上に建つのは、ホテルや別荘。ほとんどが19~20世紀初頭にかけて建設されたものです。

ホテルや別荘ホテルや別荘

1882年に開業した南鉄道ホテルには、フロイトやマーラーなど多くの著名人が宿泊しました。大食堂では、毎晩のように豪華な食事が用意されたパーティーが開かれ、ゲストが音楽やダンスを楽しめるようになっていたそうです。

「南鉄道ホテル」の大食堂「南鉄道ホテル」の大食堂

鉄道の誕生により1時間ほどで行けるようになったゼメリングは、ウィーン市民にとって身近な場所になりました。冬はスキーも楽しめるリゾート地として愛されています。

すべて人の手で作った鉄道

1854年に開通したゼメリング鉄道は、アルプス山脈を初めて越えた鉄道です。蒸気機関車で険しいアルプスを越えるために、高架橋やトンネルを駆使するなど、さまざまな工夫がなされました。

カルテ・リンネ橋カルテ・リンネ橋

重機やダイナマイトのない時代、およそ2万人が動員された大工事はすべて手作業で行われたそうです。着工からは、わずか6年で完成。19世紀半ばの土木技術の粋が盛り込まれた“山岳鉄道の草分け”となりました。

世界遺産「ゼメリング鉄道」世界遺産「ゼメリング鉄道」

驚くべきことにその路線は150年以上もの間、現役です。
「150年以上前の山岳鉄道」であることから、ゼメリング鉄道は1998年、鉄道として初めて世界遺産に登録されました。


3/14(日) の『世界遺産』

世界遺産

日曜よる6:00~

 

TBS Topics
ページトップへ
Twitter Facebook