限られた時間の中、質問に答えるロナウド選手

サッカー世界No.1プレイヤー、クリスティアーノ・ロナウド選手が、『炎の体育会TV』のサプライズ企画に再び登場!

女子大生チームにニセのチャレンジ企画を行い、“成功したらご褒美で憧れの人と対面”という名目のもと、ポルトガルからリモートで出演しました。

クリスティアーノ・ロナウド選手クリスティアーノ・ロナウド選手

ロナウド選手が画面に現れると、女子大生たちは大興奮。限られた時間の中、「もう何でも聞いて!」と話し、質問に答えてくれました。

Q1. トッププレイヤーでも悩みはありますか?

「5歳の時からロナウド選手が好き」という女子大生のその質問に対し、「(悩みがあるのは)もちろんだよ!人生に完璧な幸せなんてないよ!」と答えます。

「人生に完璧な幸せなんてない」と話すロナウド選手「人生に完璧な幸せなんてない」と話すロナウド選手

さらに、「選手ならすごく調子が良い時もあれば、なかなか試合に勝てない時もある。でも人生ってそんなもんだろ?選手もそうだと思うんだよね!誰だって悩みがあるのは当たり前のことだよ。だからといって自分は不幸だとは思わないし、どんな状況でも僕らは戦い続けなければいけないんだ」と続けました。

Q2. 点が入らない時のモチベーションを教えてください

「最近点が入らない」という悩みを持つ女子大生からの質問に、「ゴールが入らないのは、サッカーでは当たり前のことだよ」といいます。

ゴールが入らないのは、サッカーでは当たり前のことゴールが入らないのは、サッカーでは当たり前のこと

また、「“ボールに嫌われる”ことや、“ドリブルが全然上手くいかなくなる”ことだってあるんだ。でも、どんな時だって自信を無くしてはいけないよ!そういう時にこそ、地道なトレーニングが大切なんだよ。限界を自分で決めないで、常に努力をすることが重要なんだ」と語りました。

Q.3 ゴールを決めた時にやるパフォーマンスは、どうやって生まれたんですか?

ロナウド選手の代名詞ともいえる“仁王立ち”ポーズ。それについてロナウド選手は「正直、あのパフォーマンスのきっかけは、僕もよく覚えていないんだよね。最初からやろうと思っていたわけではなく、ゴールを決めた時に興奮していて自然とやっていたんだ」と話します。

自然と生まれた“”仁王立ちポーズ自然と生まれた“”仁王立ちポーズ

対面の終盤では、リクエストに応えて腹筋を見せてくれたり、リフティングを披露してくれるなどのサービスも。

世界に数あるバラエティ番組の中で、今回がロナウド選手にとって2020年唯一の出演とのこと。スーパースターは、やさしさや心においても間違いなく一流でした。

スーパースターは心も一流スーパースターは心も一流

炎の体育会TV

土曜よる7:00~

TBS Topics

4月12日に放送された『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』(テレビ東京系、毎週月曜27:55~)は、東京都葛飾区在住の増田さん一家を訪問。自分が叶えられなかったプロ野球選手の夢を息子に重ねつつも、本人の意志を尊重したいと葛藤するパパの本音が語られた。

ページトップへ
Twitter Facebook