やるべき事を決めていざリストを書いても、なかなか行動に移せずリストがたまっていくだけ…。そんな人のために、超多忙な芸人のバービーさんが実践している、“思わずやりたくなる「TO DO リスト」の作り方”を紹介します。

ポイント① やることを“因数分解”してリスト化

まずは、「TO DO リスト」を“因数分解”することがポイントです。

たとえば、スカートのチャックが壊れてしまった場合。
TO DO リストに「スカートを直す」と書くのではなく、「壊れたスカートを直すための手順」を分解し、①スカートを縫う ②チャックを買う ③チャックを検索する、といった具合に細かくリスト化します。

因数分解してリスト化因数分解してリスト化

そうすれば、リストアップした項目をクリアできるハードルが下がるので、達成感を得やすくなります。

「大きなDO」を因数分解して、「小さなDO」をリストアップすることが重要です。

ポイント② 気分転換用の「小さなDO」を用意する

「原稿を仕上げる」といった難易度の高いTO DO リストが複数個ある日は、「チャックを検索する」などの簡単なTO DO リストも一緒に用意しておきます。

簡単なTO DO リストも一緒に用意簡単なTO DO リストも一緒に用意

煮詰まったときに、一度「大きなDO」から離れて「小さなDO」に取り組めば気分転換に。その上、やらなければならないTO DO リストが1個減るので、やる気も増幅します。

この積み重ねでやる気を持続させれば、集中力も高まって、やるべき事がはかどります。“TO DO リストハイ”の状態になって、何年も寝かしてきたことが1日で終わる、というミラクルが起こることも。

やる気が出る「TO DO リスト」の作り方、ぜひ試してみてください。

 

TBS Topics

「ももクロちゃんと、〇〇〇!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。 3月5日(金)の同番組は、日本の伝統芸能「浪曲」をテ

ページトップへ
Twitter Facebook