“ジャパンブルー”といわれる色 世界最古の染色とされる「藍」は、東京オリンピックのエンブレムにも使われている色。“ジャパンブルー”といわれ、いま世界から注目されています。 世界最古の染色とされる「藍」 そんな藍を着色する方法に、日本の

日本では少子高齢化による人口減少が将来に向けた課題のひとつに挙がっているが、一方で世界に目を向けると世界の総人口は増加の一途を辿り、それに伴い食糧需要も増加。食糧危機という課題に直面しようとしている。こうした中、ICTやサイエンスを活用して食に関する課題を解決したり、食の可能性を広げようと「フードテック」というビジネスが拡大しつつある。グローバルで700兆円市場と言われるフードテックとはどのようなものなのか。このセッションでは、「Next Meats HD」のCEOである白井良氏、「ユーグレナ」

ページトップへ
Twitter Facebook