世界遺産の中に、なぜ一軒家が… 西ノルウェーには、入り組んだフィヨルド(内陸に入り込んだ入り江)が連なっており、その中には世界遺産の一つ「ガイランゲルフィヨルド」があります。 その切り立った断崖の中腹に、ポツンと一軒家があります。 世界遺産内の断崖に、ポツンと一軒家が

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。12月1日(火)の放送では、衰退傾向にあった"木造建築の復活劇"を取り上げる。「火に弱い」「揺れに弱い」などのイメージを覆す驚きの新技術に迫る。"森林大国ニッポン"を救うか? 新技術に挑む企業が続々ここ数年、駅や小学校、商業施設など、街中で際立つ木造建築が増えている。大手コーヒーチェーン「スターバックス」でも、内装や家具に温もりを感じる木材を多用するなど、人気を集めて

ページトップへ
Twitter Facebook