アザラシなのに海に棲まない

ロシアのシベリアにある世界遺産「バイカル湖」は、世界で最も古く、最も深い湖。この場所には、世界でここにしか生息していない動物「バイカルアザラシ」がいます。

「バイカルアザラシ」「バイカルアザラシ」

一般的にアザラシは、海で暮らす動物。淡水である湖で暮らすのは、バイカルアザラシだけです。

現在の生息数は、10万頭ほど。小さな水音にも敏感に反応し水中に姿を隠してしまうほど、警戒心がとても強い動物です。

バイカル湖にアザラシがいる理由

およそ40万年前、バイカル湖に近い北極海は、現在よりも内陸に入り込んでいました。そのため、アザラシは海から川を伝って湖にやってきました。

しかしその後、長い年月を経てバイカル湖が海から遠ざかったことから、アザラシたちは湖に閉じ込められてしまい、現在に至ります。

元々は北極海からやってきた元々は北極海からやってきた

かつて北極海で暮らしていた名残から、バイカルアザラシは湖が全面凍結する2~4月の間、出産・子育ての時期を迎えます。

バイカルアザラシの赤ちゃんバイカルアザラシの赤ちゃん

ちなみに子育ては、ひび割れて積み重なった氷の下に巣穴を掘って行います。巣穴からはバイカルアザラシの赤ちゃんが姿を現すことも。

いくつもの“世界一”を持つ湖

冬には全面凍結をするバイカル湖ですが、“シベリアの青い真珠”とも謳われ、世界一の透明度を誇る湖でもあります。

“シベリアの青い真珠”とも謳われるバイカル湖“シベリアの青い真珠”とも謳われるバイカル湖

それを支えるのは、水中に岩場に群生する「カイメン」という原始的な動物。
一見、海藻のようにも見えますが、植物ではありません。“スポンジ”とも呼ばれており、汚れた水を体内に取り込みキレイにします。

「カイメン」という原始的な動物「カイメン」という原始的な動物

わずか2平方センチの大きさで、1日20リットルの水を浄化することができます。
湖にはほかにも、1000種以上の生き物が生息。そのおよそ7割がこの場所だけの固有種です。

「バイカル湖」は世界で最も古く、多様な淡水生物が住む湖として、1996年 世界遺産に登録されました。シベリアの巨大な湖には、いくつもの“世界一”と不思議な魅力が存在しています。


8/23(日) の『世界遺産』

世界遺産

日曜よる6:00~

 

TBS Topics

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月19日(火)の放送では、高齢化や人口減少など山積する日本の地域課題を、住まいから解決する取り組みを紹介。新型コロナウイルスによる逆風の中、続々と誕生するアイデアに迫る。「アーケードハウス」で人を呼ぶ!シャッター商店街を救う秘策新型コロナの影響で人々の生活が一変する中、「地域課題」が山積みの日本。しかし、そんな身近な問題を、住まいで解決する「課題解決型住宅」が次々と

ページトップへ
Twitter Facebook