その大陸は古代に存在した

はるか昔から続く地球の歴史の中で、海へと沈んでしまった大陸が実在します。

その幻の大陸の名は「ジーランディア」。

「幻の大陸」ジーランディア「幻の大陸」ジーランディア

約8500年前にオーストラリア大陸から分離しましたが、のちの地殻変動により、わずかな部分を残して海に沈んでしまいました。
そのわずかな部分にあったのが、現在はフランスの島である「ニューカレドニア」です。

島には、太古から生き続けるナンヨウスギの仲間で、高さおよそ40mほどの「ナギモドキ」や独自の進化を遂げた「アロウカリア ルレイ」などが残っています。

「アロウカリア ルレイ」「アロウカリア ルレイ」

 

「幻の大陸」があった海

“天国に一番近い島”とも呼ばれる「ニューカレドニア」。その海には、5億年もの間ほぼ姿を変えていない固有種「オオベソオウムガイ」なども生息しています。

「オオベソオウムガイ」「オオベソオウムガイ」

硬い殻に守られ、敵の少ない深海にいたことから、大きく姿を変えず生き残ることができたと考えられています。

また、海中にあるラグーンは“地殻変動が生んだ自然美と生態系”が認められ、世界遺産に登録されています。

世界遺産に登録されたラグーン世界遺産に登録されたラグーン

ラグーンとは、バリアリーフ(高く積み上がったサンゴ礁)と陸地の間に広がる浅瀬の海のこと。

かつて「幻の大陸」があったその地には今、地球上に二つとない美しい海が広がっていました。

壮大な遺産の旅へ
世界遺産
(TBS系列:日曜午後6:00~6:30)

 

■3/29(日)の『世界遺産』
 

TBS Topics

日本テレビほかで放送の「バゲット」では、毎週水曜日にティップネス監修のコーナー「バゲット トレーニングクラブ」を放送中!ティップネスの人気インストラクター陣がオンラインで多彩なプログラムをライブ配信する「torcia(トルチャ)(https://tip.tip

ページトップへ
Twitter Facebook