誰でもなり得る「パニック障害」とは 「パニック障害」とは、不安が背後から襲ってくるような“不安の極致”に至り、突然の発作が繰り返される病気です。症状としては、動悸やめまい、吐き気、息苦しさなどがあげられます。 厚生労働省の調査によると、パニック障害の患

ページトップへ
Twitter Facebook