ヒット商品を連発する「無印良品」。その理由の一つに、“誰が行っても「これ欲しかった」「ちょどいいな」と思う商品が置いてある”という点があります。そこには「無印良品ならではの商品開発」の戦略がありました。 戦略① 「バージョン違い」を取りそろえる 無印良品の看板商品

『どっちの料理ショー』と聞けば、あの料理対決番組ねとすぐに思い出す人は多いだろう。読売テレビ制作で1997年から2006年まで9年間、全国ネットで放送されていた。2つの料理のうち「どっちを食べたいか」の対決を、毎回日本中の人びとが楽しんできた。 この『どっちの料理ショー』がWEB限定版で復活したことが話題だ。15分の短い尺の中にあの対決の面白さを凝縮したコンテンツが見逃し配信サービスの中で視聴できる。キリンビール提供のスポンサードコンテンツであることも含めて新しい仕組みの配信だ。これまでに...

ページトップへ
Twitter Facebook