ラグビーW杯で初のベスト8入りをした日本代表。2019年流行語大賞にも多数のラグビーW杯関連の言葉がノミネートされています。選手たちはこれから多方面でも活躍されるかと思いますが、『炎の体育会TV』の番組内でその強さを見せてくれた選手たちをご紹介します。それぞれの個性に着目しましょう。 ①圧巻の

1987年、大衆的な歌舞伎の復権を目指す“ネオかぶき”男性のみで上演する劇団「花組芝居」の旗揚げに参加し、看板女方として広くその名を知られるようになった篠井英介さん。 小劇場ブームでさまざまな小劇団が誕生し、注目を集めて

ページトップへ
Twitter Facebook