TBSでは、2020年1月に新春ドラマ特別企画『あしたの家族』を放送します(放送日時未定)。 このドラマは『渡る世間は鬼ばかり』の石井ふく子プロデューサーが制作を担当、脚本を浪江裕史が務めるオリジナル作品。演出はTBSのベテランディレクター・土井裕泰が担当しました。出演者は、昨年6月に放送した

関ジャニ∞・大倉忠義が、2021年1月期の木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)で主演を務めることが明らかになった。また、広瀬アリスがヒロイン役で出演。大倉がフジテレビ系ゴールデン・プライム帯の連続ドラマで主演を務めるのは初。ならびに、広瀬はフジテレビ系連続ドラマにて初ヒロイン、大倉とは初共演となる。

ページトップへ
Twitter Facebook