ぬいぐるみやおもちゃなど様々な景品が並ぶクレーンゲームですが、「景品を取るのが難しい」というイメージを持っている人も多いかもしれません。
そこで、簡単に欲しい景品を取ることができる、クレーンゲームの驚くべき“技”をお教えします。

コツ:アームの爪が下りる場所を知る

そもそもクレーンゲームは、狙い通りの場所にクレーンのアームを持って行くことが難しいですよね。
そこで、狙った場所へアームを動かすコツをおさえておきましょう。

実は、クレーンのアームの肘(出っ張った部分)は、アームが開いたときに先端が来る場所と同じ。

クレーンのアームの肘クレーンのアームの肘

 

アームの肘が開いた状態アームの肘が開いた状態

景品を上手く取るためのコツとして、アームの肘(出っ張った部分)を下ろしたい場所の上に合わせて置くようにしましょう。奥行きは、クレーン台の横から見て調整すればOKです。

これをおさえておけば、アームを狙った場所に合わせることができます。

技①「横四方取り」

普通サイズのぬいぐるみを狙う場合、「横四方取り」という技がおすすめ。これは、横向きのぬいぐるみの頭とお尻を、アームで挟み込んで持ち上げる方法です。

「横四方取り」「横四方取り」

クレーン台の中のぬいぐるみは、縦・横・斜めなど様々な向きで配置されています。縦向きと斜め向きのぬいぐるみをアームで掴もうとしても、アームの先端部分の爪がぬいぐるみの下に入ってしまうため、しっかりと掴むことができません。

縦と斜めでつかんだ状態縦と斜めでつかんだ状態

一方、横向きのぬいぐるみは、アームとアームの爪によって両端からしっかりと掴まれます。
そのため、持ち上げられたあとも安定した状態で運ばれ、アームから景品が落下しにくくなります。

技②「ダンク」

小さめのぬいぐるみを狙う場合は、「ダンク」という技がおすすめ。これは、アームの本体部分をそれらの山に直接あてて崩し、1回で複数個の景品を取る方法です。

まず山積みになっているぬいぐるみの中で、下のほうに埋もれており、獲得口のほうに飛び出しているものを狙いましょう。

獲得口のほうに飛び出しているのがターゲット獲得口のほうに飛び出しているのがターゲット

次に、アームをターゲットにしたぬいぐるみの位置まで移動させます。このときのポイントは、アームの本体部分が獲得口の真上に来るようにすること。
すると下りてきた本体部分がターゲットに直接あたり、周りのぬいぐるみ共々、獲得口に落ちていきます。

アームの本体で押して獲得アームの本体で押して獲得

アーム本体の大きさを利用して、ぬいぐるみを押すように落とす目からウロコのテクニックです。

技③「バウンド」

大きいサイズのぬいぐるみやクッションなどを狙う場合、「バウンド」という技がおすすめ。これは、景品を獲得口のほうにずらして落とす方法です。

はじめに、景品の手前部分をアームで掴みます。

景品の手前部分景品の手前部分

そうすることで景品が上に持ち上がり、位置が手前にズレるので、獲得口へ近づけることができます。

位置が手前へズレる位置が手前へズレる

この「バウンド」を複数回繰り返すことで、大きめの景品をゲットできる確率が高まります。大きなぬいぐるみにも使える技なので、覚えておきましょう。

技④「イリュージョンスピン」

箱型の景品を狙う場合、「イリュージョンスピン」という技がおすすめ。これは名前の通り、景品を回転させて取る方法です。

この技は、獲得口のほうに少しはみ出している景品をターゲットに定めます。

獲得口のほうに少しはみ出している景品獲得口のほうに少しはみ出している景品

そして、アームの爪ではみ出している箱の角の部分を上から押します。
これによって箱全体が斜めになって重心が傾くため、箱が回転し、獲得口に落ちやすくなります。

箱がクルッと回転箱がクルッと回転

アームの爪で押した位置によって動きが左右される技でもあるため、精密なアームコントロールが必要な上級テクニックです。

景品を掴んで取るイメージが強いクレーンゲーム。しかし、景品を押したり引っ張ったりするだけではなく、アームの爪の動きの反動で景品を獲得口に落とすなど、目からウロコの技が盛りだくさんでした。
ゲームセンターに行った際には、ぜひ試してみてください!

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

■10/29(火)の『この差って何ですか?』は、ガンバレルーヤよしこに加藤がダメ出し!!

 

TBS Topics

11月29日に放送される『林先生の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~)は、中島健人(Sexy Zone)、向井康二(Snow Man)、地上波バラエティ番組初出演となる佐藤新(ジャニーズJr.・IMPACTors)の3人が林修先生を相手にクイズに挑戦する。

ページトップへ
Twitter Facebook