2019年10月。消費税が10%になったことに注目されがちですが、実は「幼児教育と保育の無償化」もスタートしました。増税の印象が強いためか、あまり知られていないこの制度に、『サンデージャポン』が注目します。

まずどんな制度なの?

そもそも「幼児教育と保育の無償化」とは、消費税10%引き上げに伴う増収分を活用した制度です。

具体的には、“3歳~5歳までの子どもは、幼稚園・認可保育所・認定こども園などの利用料が原則無料”というもの。(※幼稚園は月2万5700円が上限)

幼児教育と保育の無償化幼児教育と保育の無償化

これは世帯の所得に関わらず適応される制度で、認可保育園に3年間子どもを預けた場合、約72万円も家計が助かる計算になります。(※保育園情報サイト「保育地図」より。平均保育料1か月約2万円で計算)

世帯の所得に関わらず適応される制度世帯の所得に関わらず適応される制度

さらに、24時間保育を受け付けているベビーホテルや、日本語に加えて本格的な英語も学べるインターナショナルスクールも必要性が認められれば月3万7000円まで補助が出ます。(※3歳~5歳まで)

必要性が認められればベビーホテルなどにも補助が必要性が認められればベビーホテルなどにも補助が

 

一方では懸念も

この制度について、小さな子どもを持つ親からは喜びの声が上がる一方、保育園側からは“待機児童がまた一層増えるのではないか?”という懸念も。
2019年4月時点で、待機児童の数は1万6772人ほどおり、それを解消できない理由の一つに保育士の不足が挙げられています。

ある保育園の園長は、「保護者さんに(補助金を)出すのはいいが、もう少しその部分で保育士の(給料の)ベースアップを図ってもらえたら(保育士への)なり手が増えるのではないか」とコメント。

保育士と全業種の年収を比較すると差が保育士と全業種の年収を比較すると差が

保育士と全業種の年収を比較してみても、そこには約140万ほど差が生じている状況です。(※2018年賃金構造基本統計調査より)

賛否両論のある「幼児教育と保育の無償化」ですが、幼児の教育や保育はもちろんのこと、保育士さんについて考える一つのキッカケになるといいですね。

独自取材と激アツトーク!
サンデージャポン
(毎週日曜あさ9時54分~)

 

TBS Topics

動画はこちら"Mr.都市伝説"関暁夫が気の向くままにぶらりと旅する、深夜の散歩番組「Mr.都市伝説 関暁夫の情熱!関さんぽ」。全3回の予定でスタートした当番組ですが、好評につき4月から月1のレギュラー化決定! 次回放送は4月15日(木)深夜1時放送。ここでは前回3月16日(火)放送の第3回「関さんぽ#3 in深谷」を振り返る。今回は埼玉県深谷市へ。なぜ深谷に来たのか? 実は、関のご先祖様・畠山重忠生誕の地。まずは「畠山重忠公史跡公園」を訪れ、ご先祖様の墓参り。また、江戸中期のわずか10ヵ月間にお

ページトップへ
Twitter Facebook