秋は美味しい新米の季節です。そこで約250種類ものご飯のお供が揃う「AKOMEYA TOKYO in la kagū」で見つけた、“新米と一緒に食べたいご飯のお供”をご紹介します。 ① 紅鮭親子ルイベ 贅沢な海の幸をいただく「紅鮭親子ルイベ」は、ご飯のお供として大

20歳でスイスのジュネーブにある日本大使館の料理長になった三國シェフ。才能に甘んじることなく、人の何倍も何十倍も自己犠牲を払い、成長の速度を早めていく。休みのたびに二ツ星の有名なお店「リヨンドール」や有名な五ツ星ホテル「

ページトップへ
Twitter Facebook