「日本」という表記で、「にほん」と読む場合と「にっぽん」と読む場合があります。
日本語は「にほんご」、日本銀行は「にっぽんぎんこう」、日本列島は「にほんれっとう」「にっぽんれっとう」と両方の読み方があることも。

自国の呼び方が2つ混在している日本ですが、一体どちらの読み方が正しいのでしょうか?

「にっぽん」という呼び方が誕生したのは?

日本と中国(唐)との国交が盛んだった平安時代、中国の人たちは「日本」という漢字の読み方を「日 = ニエット」「本 = プァン」と発音していました。

それまで日本人は、日本を「やまと」と呼んでいましたが、中国人の発音を聞いて「ニエットプァン → にっぽん」と呼ぶように。

中国人の発音を聞いて「にっぽん」中国人の発音を聞いて「にっぽん」

このように、「にっぽん」という呼び方は、日本人が中国人の発音をマネしたことから生まれました。(※諸説あります)

「にほん」という呼び方が誕生したのは?

江戸時代になると、せっかちな江戸っ子たちが早口で話しているうちに・・・

せっかちな江戸っ子せっかちな江戸っ子

「にっぽん → にふぉん → にほん」と徐々に簡略化されて、「にほん」という呼び方が広まりました。(※諸説あります)

そのため江戸を中心とする東の地域では「にほん」、東京の「日本橋」も「にほんばし」と読みます。

一方、大阪や京都など西の地域では「にっぽん」、大阪の「日本橋」の読み方も「にっぽんばし」です。

江戸と関西江戸と関西

 

「にほん」「にっぽん」論争の歴史

昭和時代に入ると、国の呼び方が2つあることについて「にほん」「にっぽん」論争が起こります。

「にほん」「にっぽん」論争「にほん」「にっぽん」論争

 

第1回論争:1934年(昭和9年)

「国の呼び方をニッポンに統一しよう」という案が政府に提出されましたが、日本統一案はまとまりませんでした。

第2回論争:1970年(昭和45年)

日本万国博覧会(大阪万博)開催を前に、再び「国の呼び名をニッポンに統一しよう」と国会で議論されましたが、ここでも結論は出ず先送りに。

第3回論争:2009年(平成21年)

当時の民主党衆議院議員が「国の呼び名をどちらにするのか」という質問主意書を内閣総理大臣に提出したところ、「『にっぽん』又は『にほん』という読み方については、いずれも広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はないと考えている」という答弁に。

統一する必要はない統一する必要はない

 
政府では国の呼び方を明確に決めず「どちらでもいい」という決着がつきました。

世界の中で自国の読み方にとまどう国も非常に珍しいですが、歴史の観点から紐解けば、2つの読み方が混在しているのは「柔軟性がある」とも言えますね!

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

TBS Topics

10月21日(水)よる6時25分からは、水バラ「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦 in房総半島」を放送!舞台は房総半島! 鴨川市から成田山新勝寺をめざしてバスvsバスの対決旅第2弾。競うのは、早さではなく道中どれだけ市町村に立ち寄れるか! バス旅のプロ・太川陽介がジャニーズと激突する。今回は千葉県にある54の市町村を「陣地」に見立てて、1泊2日でどちらのチームが多くの陣地を取れるかを競う「陣取り合戦」で勝負! 市町村ごとに決められたミッションを相手チームより先にクリアすればその陣地は自

ページトップへ
Twitter Facebook