2019年10月から消費税が10%に。
それに伴い軽減税率などの新制度がスタートしますが、どんな制度かご存じですか?

サンデージャポン』は、そんな"知らないと損をするかもしれない"新制度にフォーカス。「実はよく分かっていない…」という方は要チェックです。

まず軽減税率とは?簡単に解説

そもそも軽減税率とは、お酒を除く食料品などの税率を8%に据え置くというものです。

なんと飲食店でのテイクアウトも対象になっており、たとえば飲食店で食べ物を購入した場合…

一つのお店で消費税が混在一つのお店で消費税が混在

テイクアウトなら軽減税率8%が適応された値段になりますが、店内飲食であれば標準税率10%での値段に。つまり、一つのお店で税率の違う消費税が混在していることになります。

そんな中、増税後、テイクアウトと店内飲食の価格を統一するお店もあります。
大手牛丼チェーンの「すき家」では、税込み価格がどちらも同じになるよう"店内で食べる牛丼並盛の値下げ"を決定。

テイクアウトと店内飲食の価格を統一テイクアウトと店内飲食の価格を統一

テイクアウトでも店内飲食でも、支払額は同じになるようにしました。こうした試みは、ケンタッキーフライドチキンや日高屋などの他のお店でも、一部の商品で実施されるそう。

増税の一方で、新"ポイント"サービスの検討も

消費税が増税される一方で、政府が検討しているサービスに"マイナポイントの発行"というものがあります。これはマイナンバーカードの普及率の向上を狙った全国共通の新ポイント制度で、仕組みや手順は以下の通り。

  1. マイナンバーカードを取得し、専用IDを開設
  2. 「PayPay」や「LINEPay」といったスマホ決済アプリなどと連携
  3. スマホ決済アプリに入金する際にポイントが付与される

一例として、このサービスを利用して現金20,000円分をチャージした場合、その25%にあたる5,000円分のポイントが還元されるという案が検討されています(※1人につき1回提供)。

マイナポイントのサービスマイナポイントのサービス

このマイナポイントは、早ければ2020年7月から導入予定。
政府は今後、ポイント還元率や利用可能な決済サービスの詳細を詰めていくとのことです。

マイナンバーカードと連携したサービスマイナンバーカードと連携したサービス

軽減税率に、マイナポイントの発行。
新たな制度やサービスが次々と出てきますが、どんなものなのかしっかり知って、賢く買い物などをしたいですね。

独自取材と激アツトーク!
サンデージャポン
(毎週日曜あさ9時54分~)

 

TBS Topics

動画はこちら"Mr.都市伝説"関暁夫が気の向くままにぶらりと旅する、深夜の散歩番組「Mr.都市伝説 関暁夫の情熱!関さんぽ」。全3回の予定でスタートした当番組ですが、好評につき4月から月1のレギュラー化決定! 次回放送は4月15日(木)深夜1時放送。ここでは前回3月16日(火)放送の第3回「関さんぽ#3 in深谷」を振り返る。今回は埼玉県深谷市へ。なぜ深谷に来たのか? 実は、関のご先祖様・畠山重忠生誕の地。まずは「畠山重忠公史跡公園」を訪れ、ご先祖様の墓参り。また、江戸中期のわずか10ヵ月間にお

ページトップへ
Twitter Facebook