昼夜ともにまだ暑さが続く中、その対策を兼ねたユニークなアイテムが続々と現れています!

街では利用者も急増中「ハンディファン」

“暑さもしのげて小さくてカワイイ”という理由から、爆発的にヒットしている「ハンディファン」。

2019年は昨年より10倍以上種類が増えているそうです。中には、折りたたみ式でアロマの香りを楽しめるものや…

折りたたみ式でアロマの香りを楽しめる折りたたみ式でアロマの香りを楽しめる

スマートフォンの充電器として使用できるものも。

スマートフォンの充電器として使用できるスマートフォンの充電器として使用できる

また、首からかけて使うタイプのものもあり、ハンズフリーで涼しさを体感することができます。

ハンズフリーで涼しさを体感ハンズフリーで涼しさを体感

付属品としてネットも付いているので、女性や髪の毛が長い方でも安心です。

寝苦しい夜でもグッスリ「睡眠用うどん」⁉

俳優の板橋駿谷さんやホリエモンこと堀江貴文さんも注目する「睡眠用うどん」をご存じですか。

名前だけを聞くと、“寝る前にうどんを食べるの?”と思うかもしれませんが、こちらは寝具です。

「睡眠用うどん」「睡眠用うどん」

「タテ麺」といわれる細長いクッション8本と、その両端を固定する「ヨコ麺」が合わさった布団。
「うどんに包まれて寝たい」というスタッフのアイデアをもとに作り出されたそうで、発表から1週間で1万個が売れているといいます。

「うどんに包まれて寝たい」というアイデアを元に作成「うどんに包まれて寝たい」というアイデアを元に作成

その使い方はというと、うどんに包まれるように寝たり、抱き枕のようにしたり、掛け布団のように使ったりと自由自在。うどんに包まれたり包まれなかったりすることで温度調節ができ、寝苦しい夜も快適に過ごせるとか。

気になるお値段は1万6,800円(税抜)。頭のほぐし専門店「悟空のきもち」から販売されています。あまりの人気から現在は4か月待ちだそうです(※2019年8月現在)

「ハンディファン」と「睡眠用うどん」。まだまだ暑い日が続きますが、これらをはじめとする暑さ対策アイテムをうまく使って夏を乗り切りたいですね!

独自取材と激アツトーク!
サンデージャポン
(毎週日曜あさ9時54分~)

 

TBS Topics

動画はこちら"Mr.都市伝説"関暁夫が気の向くままにぶらりと旅する、深夜の散歩番組「Mr.都市伝説 関暁夫の情熱!関さんぽ」。全3回の予定でスタートした当番組ですが、好評につき4月から月1のレギュラー化決定! 次回放送は4月15日(木)深夜1時放送。ここでは前回3月16日(火)放送の第3回「関さんぽ#3 in深谷」を振り返る。今回は埼玉県深谷市へ。なぜ深谷に来たのか? 実は、関のご先祖様・畠山重忠生誕の地。まずは「畠山重忠公史跡公園」を訪れ、ご先祖様の墓参り。また、江戸中期のわずか10ヵ月間にお

ページトップへ
Twitter Facebook