お隣の国「中国」と日本の「中国地方」。同じ“中国”ですが、その由来は全く異なります。それぞれ実際は、どんな由来と意味を持つのでしょうか?

中華人民共和国の「中国」

国としての「中国」という言葉は、紀元前からあったといわれています。

言葉の由来は「中華思想」という「思想」。
「中華思想」とは、自分たちは「華=文明」の中心であるという考え方です。

「中華思想」に由来する国名「中国」「中華思想」に由来する国名「中国」

自分たちの国は天下(世界)の「中心」にあると自負する昔の中国の人々が、自らの国を「中心にある国=中国」と呼ぶようになり、現代にいたります。

「中心にある国=中国」「中心にある国=中国」

 

日本の「中国地方」

一方で、鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の5県を指す日本の「中国地方」の由来は「場所」。お隣の国「中国」とは全く関係がありません。

日本の「中国地方」日本の「中国地方」

「中国地方」という言葉が生まれた西暦800年前後の平安時代、当時の政治の中心は「京都」。加えて、現在の福岡県に位置する「太宰府」は大陸朝鮮半島の外交を行う九州地方を統括する西の中心地でした。

そのため、京都と太宰府という2つの都のちょうど「中間」に位置する5県は「中間の国=中国」と呼ばれるようになりました。

「中間の国=中国」「中間の国=中国」

明治時代に入り、日本を8つの地方に分けた時も、そのまま「中国地方」を採用したため、今でも「中国地方」と呼ばれています。

国の中国は「中心の国」。日本にある地方の中国は「中間の国」。
それぞれ同じ表記ですが、由来は全く違うものでした。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

■8/27(火)の『この差って何ですか?』は、上品に見える人とそうでない人の差って?? 

 

TBS Topics
ページトップへ
Twitter Facebook