ここ数年で患者数が2倍にも急増しているという「腱鞘炎(けんしょうえん)」。悪化すると「痛くて物が持てない…」など日常生活に影響がでることも。特にスマートフォンの普及に伴って、若い世代の患者が急増中なのが「スマホ腱鞘炎」です。 スマホ腱鞘炎のセルフチェック方法 スマホ腱鞘炎の

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。 現在は東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して応援している。 東京・品川区にあるギャ

ページトップへ
Twitter Facebook