美容室でドライヤーをかけてもらうと、すぐに髪が乾くと思いませんか?
全国の美容室の70%で使われているのが、「Nobby(ノビー)」というブランドのドライヤー。プロ用にのみ、販売していたシェアNo.1のブランドです。

そんな大人気のドライヤーが、一般向けに販売されて大ヒット中なのだとか。
他のドライヤーと一体何が違うのでしょうか?

美容室業界シェア№1「Nobby(ノビー)」美容室業界シェア№1「Nobby(ノビー)」

 

すぐに乾く理由は、パワフルな風!

製造している「テスコム電機」に聞いたところ、最大の特徴は“風の速さ”。
一般向けドライヤーが秒速5~7mなのに対し、Nobbyは秒速17m。風速に3倍もの差があることが分かります。試しにそれぞれのドライヤーにピンポン玉を乗せて風を出すと、違いは一目瞭然。

Nobby最大の特徴は風の速さNobby最大の特徴は風の速さ

大量の風を送り出すことで地肌から素早く乾かすことができるため、多くの美容師さんから根強く支持されてるNobby。
でも、なぜこんなにパワフルな風を出すことができるのでしょうか?

スゴい風速が出せる秘密は「ファン」にあり

一般向けドライヤーは、扇風機のようにプロペラファンで後ろから空気を吸い込み、勢いをつけて風を前に送り出すという仕組みになっています。

一般向けドライヤーのプロペラファン一般向けドライヤーのプロペラファン

一方、Nobbyに使用されているのは、縦向きの「シロッコファン」というもの。水車のように風をとらえて押し出しています。

吹き出し口に対して横向きに回るプロペラファンよりも、進行方向に向けて縦向きに回るシロッコファンのほうが速い風を生み出せるのです。

吹き出し口に対して横向きに回るプロペラファンよりも、進行方向に向けて縦向きに回るシロッコファンのほうが速い風を生み出せるのです。吹き出し口に対して横向きに回るプロペラファンよりも、進行方向に向けて縦向きに回るシロッコファンのほうが速い風を生み出せるのです。

しかし、風速をあげても、ドライヤーの口にあるヒーターで風を温めて出すことができなければ、ドライヤーの意味がありません。

そこで風と熱の絶妙なバランスを求めて試行錯誤した結果、シロッコファンは羽の数を「5ミリおきに42個」がベストという結論に。

シロッコファンは羽の数を「5ミリおきに42個」がベストシロッコファンは羽の数を「5ミリおきに42個」がベスト

プロ御用達のドライヤーNobbyは、パワフルな風を出すために「テスコム電機」のこだわりが詰め込まれていました。
美容室のあの“速乾”を家でも体験したい!という方は、試してみてはいかがでしょうか。

経済のことが学べる
がっちりマンデー!!
(TBS系列 日曜あさ7:30~)

 

TBS Topics

『「レゴ」の"オトナ戦略"』動画はこちら 玩具大手のレゴが、ある新商品を発表しました。ターゲットは大人。来日した経営トップがその戦略を語りました。 横浜市の日産本社で開かれた記者発表会。登場したのは日産の新車...ではなく、日産のスポーツカー「GT‐R」とコラボしたレゴの新商品です。 スポーツカーをモデルにした、レゴの「スピードチャンピオン」シリーズで日本車とのコラボは今回のGT‐Rが初めてです。...

ページトップへ
Twitter Facebook