お肉を食べると太りそうなイメージがありますが、実は食べ方次第でダイエット効果が期待できることが判明!その食べ方とは、お肉を先に食べる「ミートファースト」です。なぜお肉を先に食べるとよいのか、その理由をご紹介します。

お肉を先に食べると太りにくい

肥満の原因のひとつは、血糖値の急上昇と言われています。食後、血糖値が急上昇する際に分泌されるインスリンが糖と結びつくと脂肪になるからです。

血糖値が急上昇する際に分泌されるインスリンが糖と結びつくと脂肪になる血糖値が急上昇する際に分泌されるインスリンが糖と結びつくと脂肪になる

お肉を先に食べると、小腸から「インクレチン」というホルモンが分泌されます。
インクレチンには、血糖値を上げる成分の分泌を抑える働きがあるため、血糖値の上昇が穏やかに。その効果は、なんと野菜を先に食べたとき以上です!

ミートファーストはベジタルファーストより血糖値の上昇が穏やかにミートファーストはベジタルファーストより血糖値の上昇が穏やかに

血糖値が急上昇しなければ脂肪が作られにくいため、太りにくくなります。

脂肪燃焼に必要な成分をしっかり摂取 

ミートファーストは、満腹になる前に脂肪燃焼に効果的な成分をしっかり摂れることもメリット。

お肉に含まれているタンパク質は、筋肉を作るために欠かせません。また、お肉には脂肪燃焼を助ける「L-カルニチン」という成分も豊富です。
筋肉の中には脂肪を燃焼させエネルギーに変える、ミトコンドリアが存在します。そのミトコンドリアに脂肪を運ぶのがL-カルニチン。つまり、L-カルニチンが多ければ、それだけ脂肪をたくさん燃焼させる手助けをしてくれます。

ミトコンドリアに脂肪を運ぶ「L-カルニチン」ミトコンドリアに脂肪を運ぶ「L-カルニチン」

お肉の中でもL-カルニチンが多く含まれているのは「牛肉」で、含有量は豚肉の2倍、鶏肉の4倍ほど。特に赤身部分に多く含まれていますので、効果的に摂りたいですね。

お肉を先に食べると食べ過ぎも防ぐことができる

ミートファーストは食べ過ぎ防止にも効果的。タンパク質であるお肉を食べると、脳では満足感を得られるため、食欲を抑えます。また、よく噛むことで、脳の満腹中枢が刺激されて早く満腹感が得られるうえ、噛むことで脳内に「ヒスタミン」という物質が分泌されて食欲が抑えられるため、食べ過ぎを防げます。

ミートファーストは食べ過ぎ防止にも効果的ミートファーストは食べ過ぎ防止にも効果的

さらに、よく噛むとエネルギー代謝が活発になり、内臓脂肪を減らす効果もあります。

お肉を先に食べることでダイエットになるとは驚きですね!これならツラい食事制限もなく、健康的に痩せられそうです。特に、少食の女性はミートファーストにすることでタンパク質不足も防げます。ぜひ取り入れてみてくださいね。

今すぐ使える健康情報が満載!
名医のTHE太鼓判!
(TBS系列:月曜よる7時~)
 

 

「驚き雑学」関連の記事

▪️驚きの進化を遂げた「病院食」!もはや薄味じゃない
▪️イワシ缶は薄毛・抜け毛にも効果がある?!
▪️顔に触らなければ風邪はひきづらい⁉感染の意外な予防方法

 

TBS Topics

秋になり、日中も涼しく過ごしやすい季節となりました。 秋の季節のすばらしさを表現する言葉に「天高く馬肥ゆる秋」とあります。 皆さんはどういう光景が浮かびますか? 空は澄み渡って秋晴れ。食欲の秋、太った馬がおだやかに寝転んでいる様子。なんて浮かびませんか?

ページトップへ
Twitter Facebook