TBSでは10月15日(金)から吉高由里子主演の金曜ドラマ『最愛』がスタートする。殺人事件の重要参考人となった女性実業家・真田梨央と、彼女を追う刑事・宮崎大輝、彼女を支える弁護士・加瀬賢一郎の3人を中心に描かれる本作は、15年前のとある失踪事件から現在の連続殺人事件へと繋がる完全オリジナルのサスペンスラブストーリー。今回、気鋭の実業家、真田梨央を演じる吉高にインタビュー。出演が決まったときの気持ちや意気込み、そして共演者とのエピソードなどを聞いた。

過去と現在のコントラストがつくように

――出演が決まったときの感想からお願いします。

オリジナルストーリーということで、誰も見たことのない物語が作られ放送されることにすごくプレッシャーを感じています。でも、その分、今までにない物語に参加できるというワクワクした気持ちもあって。「こんなドラマ、今まで見たことなかったね!」と思われるような作品になったら、うれしいです。

――撮影が始まって、現場の雰囲気はいかがですか?

今回、何度かお仕事をさせていただいたことのあるスタッフたちばかりなので、みなさんとのコミュニケーションもうまく取れています。プロデューサーの新井(順子)さんとは2年前のドラマ『わたし、定時で帰ります。』でご一緒させていただきました。それからすぐに呼んでいただけたことがうれしいですし、やっぱり知っている方が現場にいると、だいぶ気持ちが和らぎます。

――今回の作品では過去と現在が描かれますが、お芝居をしていて難しく感じることはありますか?

難しいのは過去のパートと現代のパートが並行してストーリーが展開していくこと。過去と現在のコントラストがつくように、雰囲気やしゃべり方も変えていて。その差がちゃんと出ていたらいいなと思いながら演じています。ただ高校生時代を演じているときは、キュンキュンというか、一生懸命高校生に見えるように冷や冷やしながら、お芝居をしています(笑)。

梨央役の吉高由里子梨央役の吉高由里子

――梨央に深く関わる宮崎大輝(松下洸平)と加瀬賢一郎(井浦新)の魅力を教えてください。

大輝はすごく情熱的で梨央の初恋相手。大人になってからは味わえないようなドキドキする胸の鼓動や、キュンキュンする跳ねるような心を引っ張り出してくれた人だと思います。梨央にとっては、まさに青春。加瀬は大輝とは真逆で、静かな情熱を持っている人。冷静で視野が広く、自分が動いているようで周りの人を動かしているような……そういう人じゃないかと思います。

――そんな大輝と加瀬を演じる松下さんと井浦さんとお芝居をした感触も教えていただけますでしょうか。

新さんとは19歳のとき、初めて共演(映画『蛇にピアス』)しました。まだ10代のときの不安定で何も分かっていない私のことをご存知なので、とても安心感があります。今回はリハーサルの前から「ここは、こうしようか」「こっちのほうが2人の関係性が見えるんじゃないか」と提案もしていただいているので、頼もしさを感じました。また加瀬と同様、新さんもとても穏やかで温かい人です。
松下さんも穏やかで優しいオーラのある方です。普段はミステリアスで感情の起伏をあまり外に出さない方なんですが、お芝居となるとドシンと構えていただけるのでとても頼りになります。

――ちなみに初めての社長役ということで、参考にされている方はいるのでしょうか?

私、女性実業家のお友だちがいるんです。その人のことをよく見ていたら、余裕のある女性って動きがゆっくりしているってことに気が付いて。大人バージョンの撮影でも現場で「仕草はゆっくりして」とか「ちゃきちゃきしないで」と言われているので、やっぱりゆっくりと動いたほうが、実業家に見えるのかなって思いました。

梨央と大輝(松下洸平)梨央と大輝(松下洸平)

――最後に視聴者の方たちにメッセージをお願いします。

サスペンスラブストーリーということですが、私もこれからどうなっていくのか分かりません。展開が読めないドラマなので、視聴者の方と一緒に私もワクワクしながら撮影に挑みたいと思います。ぜひ、楽しみながらご覧になってください!

■番組概要

[タイトル]
金曜ドラマ『最愛』
[放送日時]
10月15日スタート
(※初回は15分拡大)
毎週金曜よる10時~10時54分

TBS Topics

菅田将暉主演が主演を務める月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第1話の「見逃し配信」が、フジテレビ歴代最速で100万再生を突破。その後第2話が始まるまでの1週間(1月10日~17日)の見逃し配信再生数が、424万再生を記録したことが同局より発表された(FOD、TVer、GYAO!、Yahoo!の合計値)。

ページトップへ
Twitter Facebook