TBSが10月2日(土)午後2時から午後10時54分まで8時間にわたって生放送した『お笑いの日2021』の全国視聴人数は4157.5万人だった。「男女20歳~34歳」「男女35歳~49歳」のカテゴリーでは番組を放送した 8 時間すべてで視聴率第1位を獲得しており、注目度の高さが証明された結果となった。
総勢108人の出演者が8時間にわたって“お笑い祭り”を繰り広げた『お笑いの日2021』。芸人と様々なジャンルの第一人者が異色コラボした『お笑いミクスチャーFES』、6組の賞レース王者が最大賞金総額200万円を賭けてネタバトルした『ソウドリ』、いま一番見たいベストな芸人がベストな芸を披露する『ザ・ベストワン』、空気階段が第14代キングの栄光に輝いた『キングオブコント2021』という4つの番組が日本中に笑いと元気を届けた。
また、午後7時から午後10時54分まで放送した『キングオブコント2021』は、新ファミリーコア(男女4歳~49歳)9.6%、ALL8.2%と昨年を上回る高視聴率を獲得した。新ファミリーコア(男女4歳~49歳)の最高視聴率は21時36分、37分、38分にそれぞれ記録した11.5%で、いずれもファイナルステージで空気階段がネタ「メガトンパンチマンカフェ」を披露している場面だった。また、「男女4歳~12歳」「男女13歳~19歳」「男女20歳~34歳」「男女35歳~49歳」の各カテゴリーで圧倒的な視聴率を獲得し、全国視聴人数は2868.0万人だった。
即席ユニットの参加が解禁され、審査員長の松本人志(ダウンタウン)以外の新審査員に飯塚悟志(東京03)、小峠英二(バイきんぐ)、秋山竜次(ロバート)、山内健司(かまいたち)が就任するなど話題を集めた今大会。決勝のファーストステージで歴代最高得点となる「486点」を叩き出した空気階段が第14代キングの栄光に輝いた。

※全国視聴人数:ビデオリサーチ調べ、JNN28局、1分以上到達人数(推計)/
放送時間:『お笑いの日2021』474分、『キングオブコント2021』174分
※視聴率:ビデオリサーチ調べ、関東地区、平均視聴率

<坂本義幸 制作プロデューサーのコメント>

これだけ多くの方にご覧いただけたことが何より嬉しいです。
総合MCのダウンタウンさんをはじめ、笑福亭鶴瓶さん、今田耕司さん、有田哲平さんという豪華 MC陣と総勢108名の出演者がTBSに一堂に会し、日本で一番豪華でおもしろい夢の空間を作ってくださいました。
今年は、ユニット解禁で3000組以上の応募のあった「キングオブコント2021」。ファイナリスト10組の皆さん、本当にありがとうございました。そして14代目王者・空気階段さん、おめでとうございます。
この番組を機に、様々なメディアで活躍してくれることを楽しみにしております。

TBS Topics

1月28日放送の『Mr.都市伝説 関暁夫のゾクッとする怪感話』(BSテレ東、毎週金曜24:00~)は、1月1日に放送された新春スペシャル「ゾクッとする声優座談会」の完全版<前編>が放送。人気声優・森田成一、羽多野渉、細谷佳正、寺島惇太らが集結し、なんとも不思議な話で盛り上がる。

ページトップへ
Twitter Facebook