毎週日曜よる9時、TBSで放送中の鈴木亮平主演の日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』。最新の医療機器とオペ室を搭載した「走る手術室」で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、“一人も死者を出さない”ために奮闘する救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く本作。毎話、鈴木亮平演じる喜多見幸太らが救助現場で活躍する姿に注目が集まっているが、今回、そんな喜多見らを支える、最新鋭の機材とオペ室を備えたTOKYO MERの専用車両“ERカー”を東大LEGO部のメンバーがLEGOで製作することに。その模様がドラマ公式Instagram(tokyo_mer_tbs)で紹介されている。

現場に駆けつける最新鋭の機材とオペ室を備えるTOKYO MERの専用車両“ERカー”は、8トン車を6ヶ月かけて改造し作り出されたもので、現実には存在しない架空の車両。しかしながら、ドラマを監修する現役の救命救急医たちが、「もし本当にあったら“救急医療の理想”」だという特殊車両だ。

劇中では臨床⼯学技士である徳丸(佐野勇斗)が手塩に掛けて可愛がっているERカー。内部はコンパクトながら必要な機材が揃っており、音声認識で瞬時に無菌状態になったりドアを開閉したりと高性能な作りがいかんなく披露されており、MERチームの根幹で、現場で命を救おうと奮闘する7人のメンバーを支える第8の存在だ。

TOKYO MER専用車両をLEGOで再現!TOKYO MER専用車両をLEGOで再現!

そんな夢のような車両を東大LEGO部がLEGOで作り上げることに。外観の設計を一から始め、約1か月をかけて製作中。設計から組み立てまで、制作過程を公式Instagramにて動画で公開している。精密に計算しLEGOで作り上げられたTOKYO MERの専用車両“ERカー”はどんな仕上がりになるのか!? その模様をぜひ見届けてほしい。

■番組概要

[タイトル]
日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54

TBS Topics

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」で配信されている番組を、編集部が毎週厳選しておすすめする「編集部が選ぶ!今週のおすすめコンテンツ」​​が始動! 記念すべき初回は、9月に配信が開始されたばかりの魅力的なコンテンツを3つ紹介していこう。

ページトップへ
Twitter Facebook