毎週日曜よる9時、TBS日曜劇場で放送中の鈴木亮平主演の日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』。最新の医療機器とオペ室を搭載した「走る手術室」で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、“一人も死者を出さない”ために奮闘する救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く本作。今回、研修医として東京海浜病院の循環器外科で心臓外科医を目指していたが、TOKYO MERの研修も兼務させられ不満を抱きながらも、救命救急医の使命とやりがいに目覚めてきた研修医・弦巻比奈を演じる中条あやみにインタビューし、主演・鈴木の印象や演じる上で意識していることなどを聞いた。

鈴木亮平は「みんなのお父さんみたいな存在」

――本作に臨むにあたって準備してきたことなどありますでしょうか?

研修医役は初めてではないんですけど、本格的な手術シーンもあるということで医療モノのドラマを見たり、救急のドキュメンタリー映像を見て、救急のお仕事はこうなんだというのを研究しました。リアルなお医者さんの目線や動き、ふとした瞬間に見るお医者さんの癖みたいなものを特に注意して見ていました。あと、救急の研修医が持つ本があるので、それを買って医療器具の名前を覚えたり「こういう場合はどうする?」などが書かれている本を見て準備をして、現場でも「このドラマを見るといいよ」など情報を交換し合ったりして、みんなでリアルな姿を模索しながら撮影に臨んでいます。

――比奈を演じるにあたって意識していることは?

比奈はプライドが高いタイプなんですけど、“人の命を救いたい”という思いは強いので、変にすれてるとか曲がってるというわけではないんですよね。人の命を救いたいから頑張ってる、でもまだいろんな葛藤が年齢的にもあるからそこで出てくるプライドみたいなものがあって。患者さん一人一人にきちんと向き合って診断をしたいという比奈の思いとは裏腹にTOKYO MERに配属されてしまったけど、色々と経験する中で成長していく姿を描けたらいいなと思いながら撮影しています。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第3話より『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第3話より

――チームのリーダーである喜多見を演じる鈴木さんのご印象は?

立っているだけで頼もしいなと思いますね。この作品のために体作りされていて、近くで見ていて喜多見さんというお医者さんを作り込んでいらっしゃる姿を尊敬しますし、医療リハーサルでもご一緒だと安心感があって。頭の中に全てイメージができていて、こうやって動くという想像ができているので、本当に手術できるんじゃないかなと思うくらい頼もしくて、みんなのお父さんみたいな存在です。

――音羽役の賀来賢人さんのご印象は?

コメディ作品をやられてるイメージがあったのでクールな役が新鮮だなと個人的に感じていたんですけど、カットがかかるといつも変顔とかされてるので、印象そのままの方なのかなと思いました(笑)。

――撮影現場の様子を教えて下さい。

1話だけでも半年くらいかけて撮ってもいいんじゃないかと思うくらいスケールの大きな作品を撮っているなと感じてます。入念にリハーサルをして撮影してるんですけど、いざ撮影始めてみるとみんながわからないことが出てきたりもするので、それを一つ一つクリアしてすすめていく作業は大変で、この現場に来るとすごく背すじが伸びるような感覚なのですが、充実した日々を過ごせているなと思います。

――救命シーンや手術のシーンはチームの連携が重要だと思いますが、キャスト同士でどのようなやりとりをされてるんでしょうか?

手数が多すぎて私がいっぱいいっぱいになってたりすると、菜々緒さんが「じゃあ私が救急隊の方を呼ぶ動きをやるから、比奈ちゃんは自分の動きに集中しててもいいんじゃない?」って声を掛けてくださったりするんです。みんなで協力しながらやりやすいように作っていくという環境なのでチームワークも大事ですし、気持ちが高まる熱い現場だなと毎回感じています。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第3話より『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第3話より

――とてもチームワームが良い印象なのですが、キャストの中でムードメーカーはどなたでしょうか?

各々話したいこと話して、カットがかかった瞬間はみんなで笑い合っていたりして、楽しくて明るい人が集まった現場だなという印象なんですけど、私と佐野勇斗さんはチームの中で一番年下なので、結構皆さんにいじられたり可愛がっていただいてます。皆さんに“小5男子”って言われることもあるんですけど、やんちゃなところが垣間見えてるのかもしれないですね(笑)。

――「TOKYO MER」は“ヒーロー”というイメージですが、中条さんにとってのヒーローとは?

たくさんいるんですけど、前に看護婦役で出演した作品でご一緒した水川あさみさんは私の中で“ヒーロー”のような存在です。すごいパワーを持ってる方ですし、ドラマの撮影をしていた時もたくさんお世話になって、救われた言葉もたくさんあったので、私の中のヒーローです。

――最後に視聴者の方へメッセージをお願いします。

TOKYO MERのメンバーが頑張っている姿を見て熱い気持ちになっていただいたり、勇気や感動を与えられるような、「明日も頑張ろう」と思えるようなドラマに出来るように頑張りたいと思うので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

■番組概要

[タイトル]
日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54

TBS Topics

野村宗弘の漫画『うきわ』を原作に据え、門脇麦×共演・森山直太朗がお隣同士の危うい関係"サレ妻×サレ夫"を演じる『うきわ--友達以上、不倫未満--』(テレビ東京)の第6話が、9月13日に放送された。 麻衣子(門脇)はとうとうベランダで互いの間を隔てていた壁を乗り越え、二葉(森山)のもとに行く。しかし、突然、帰りが遅いはずだった二葉の妻・聖(西田尚美)が帰って来て・・・。聖になじられた麻衣子は言う。「...

ページトップへ
Twitter Facebook