『SPEC』新シリーズ!田中哲司&佐藤隆太が "レモンあるある"で共感!?

2月18日(木)から動画配信サービス「Paravi」で、『SPEC サーガ黎明篇「Knockin'on 冷泉's SPEC Door」~絶対預言者 冷泉俊明が守りたかった幸福の欠片~』が独占配信される。本作は、2010年10月期に放送されたTBS金曜ドラマ『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』の放送10年超えの記念作品として、田中哲司演じる『SPEC』のキーマンであった未来が見える能力を持つ冷泉俊明のSPEC発現までの物語。冷泉の若い頃を、佐藤隆太が演じることも話題となっている。配信に先駆けて制作発表が行われ、田中哲司、佐藤隆太、鈴木紗理奈大政絢堤幸彦監督、植田博樹プロデューサーが登壇した。

20210201_spec_06.JPG

自身が演じる冷泉の若かりし頃を演じた佐藤の演技に対し、田中は「いや素晴らしかったですよ。(佐藤と)顔も違うので、いろいろ『アレ?』と思うかもしれないですけど、本編でちゃんとそれはうまくまとめられています」とコメント。また、作品の魅力について聞かれ、「ユーモアのあることを全力でやっているところが大好きです」と語った。

20210201_spec_07.JPG

佐藤は「哲司さんが作り上げた冷泉の若かりし頃を演じるということで、すごくプレッシャーがありました。"若かりし頃"といっても僕も40歳になりますから、何で僕のところにオファーが来たのかなって、最初はビックリしました(笑)。でも、堤監督や植田さんからは『あまりそこは気にし過ぎずに思い切りやって下さい』って言っていただけたので、本当に思う存分、現場の雰囲気を堪能させていただきました」と笑顔を見せた。

20210201_spec_08.JPG

堤監督は「このアイデアをもらった時、僕は面白いなと思いました。"時間の変化"みたいなものは、この作品のテーマでもあるので、『顔が違う』という答えも作品のなかにちゃんとありますので。そこは見てお楽しみいただきたい。個性あふれるお2人が、ある時間軸のなかでこのように変貌を遂げるというのが、この作品のテーマなので、とても楽しいと思います。よくやっていただきました」と田中と佐藤をねぎらい、番組の見どころについて口にした。

20210201_spec_04.JPG

堤監督が手掛けた『ケイゾク』(1999年、TBS系)に登場した捜査一課の庶務担当・木戸彩を演じた鈴木紗理奈は、本作で公安の特殊工作隊「SWEEP」に所属する、彩の妹・木戸晶を演じることに。「設定が26歳ぐらい。無理があるのは自分では気づいているんですが(苦笑)、監督や植田さんが『全然、大丈夫』と言ってくださるので、自信満々にやらせていただきました(笑)。20年経っても、あの時の作品の世界観で出られるということに、作品のパワーをすごく感じましたね」と語った。

20210201_spec_05.JPG

「SPEC」作品のファンで、本作では若かりし冷泉=鈴木俊明(佐藤)が恋する女性・赤木美里を演じる大政絢は、「すごくうれしかったですね。堤さんにどういう要望を頂けるのか、ドキドキしていました。撮影2日目ぐらいに、隆太さんらがフランス語で演じられていて、台本に書いていないところもフランス語でやられていて・・・。皆さんのその対応力に、『堤組はやっぱり、すごいんだな』と感じて、そこからは緊張しっぱなしだったんです、実は(苦笑)」と吐露。そんな大政を、堤は「見事にクリアです」と絶賛。大政は「良かったです」と安堵の表情を浮かべていた。

本作の撮影は、コロナ禍の影響で一時中断を余儀なくされたという。撮影期間が空き、昨夏に、かつらを被らざるを得なかった田中は、「今回は本当につらかったです・・・(苦笑)。テレビドラマの時は、付け毛だったんですよ。今回は、衣装も着物で、頭もかつら・・・早朝から深夜まで撮影していたら、2~3日、体温の調節ができませんでした(苦笑)。それがいい思い出でした(笑)」と笑いを誘った。堤監督も思わず「すみません・・・」と苦笑しつつ、当時の撮影を振り返りながら、「本当に中断していたあの時期に溜めていたエネルギーが、後半、爆発したと思う。なかなか、すごくグルーヴのあるドラマになっているなと自己評価いたします」と手応えも口にしていた。

佐藤も撮影を振り返り、「哲司さんが演じた冷泉につながるように、神経質に演じなきゃいけないかなと思っていたんですけど、そこまで気にせずに、と監督も植田さんも言ってくださって、遠慮せずに思い切り自分のエネルギーを全て発散させられる現場でした。真面目に、体全体でお芝居ができる数少ない現場だと僕は思っていて、全身の力を振り絞ってやらせていただきました。それがすごく楽しかったです」とコメント。さらに「堤監督が撮られた『池袋ウエストゲートパーク』(2000年TBSドラマ)で連ドラデビューさせていただいているので、20年経って、(堤監督の)エネルギッシュな現場の雰囲気をもう一度味わえたことはうれしかったですね」と感慨深げだった。

20210201_spec_03.JPG

また、会見では劇中で田中や佐藤が大量のレモンをかじったことにも触れられ、「僕、相当食べてると思っていたんですけど、それ以上のとんでもない数のレモンを佐藤くんが食べていて、すごいなと」と田中。すると、佐藤は「実際、自分のシーンであれだけのレモンを食べると、哲司さんがどれだけ努力されて酸っぱい思いをされてやってきたのか、身に染みて分かりました」と続け、「(レモンの)酸っぱさよりも、苦さが体に受け付けないんですよね」(田中)、「口の感覚がなくなってくるんですよね」(佐藤)と、2人しか分からない"レモンあるある"を明かし、周囲は驚がく。堤監督も「(酸っぱさに)慣れないんですか? やらせておいて、何なんだけど、よくあんなにやりましたよね」と、2人の役者魂に感服していた。

20210201_spec_10.JPG

会見では、登壇者らの誕生日をお祝いするサプライズも。配信がスタートする2月18日は、田中哲司の誕生日ということで、堤監督が田中に花束を贈呈。「これ、合わせたわけじゃないですよね?」と田中が聞くと、「合わせたんです。せっかくだから」と植田プロデューサーから明かされ、周囲も驚いていた。また、2月4日は大政、2月27日は佐藤、2月3日は植田Pの誕生日ということで、3人も花束で祝福。「何でみんな、2月生まれなんですか?(笑)」と驚く鈴木は、植田監督の花束を持ってフォトセッション臨むことになり、「植田さんから、せしめた花束です(笑)」と周囲を笑わせていた。

20210201_spec_09.JPG

第1話のダイジェストを見た田中は、「撮影が中断を挟み、本当に撮れるのかという不安があったなか、撮影できたので、すごく思い出深い作品になりました。あと、暑さと・・・とにかく暑かったです(苦笑)」と改めて撮影の振り返り、佐藤は「まさかの、このタイミングでの『SPEC』への参加だったので、存分に現場を楽しませていただきました。あとは、ファンの方々に受け入れていただけたら」とアピールした。

鈴木は、「『のびのび好きにやってください』とおっしゃっていただくと、やりすぎてしまうことが多いんですけど、他の現場では(苦笑)。でも監督が『もっといいですよ』と、大きな器で抱きしめてくれるので、お芝居するのがワクワクして、すごく楽しかったです。これを機に『ケイゾク』や『SPEC』など過去作品も見ていただけたら」とコメント。

大政は「撮影期間が空いた時に、より台本を読みこむこともできたし、『ケイゾク』『SPEC』シリーズを見ることができて、この時間を大事にできました。ステキな作品になっていると思ったので、早く皆さんに見ていただきたいと思いました」とアピール。そして、堤監督は「(撮影期間に)つらいなって思うことは、いっぱいあったんですが、この撮影が終わってプレビューをした時に『面白いですね、これ』って、作った当事者が改めて素直に言えたことが本当にうれしくて」と笑顔を見せ、「『ケイゾク』を最初に作った時の気持ちに、60代で改めて立ち帰れました」と感無量の様子だった。

(取材/文・齊藤恵)

◆配信情報
『SPEC サーガ黎明篇「Knockin'on 冷泉's SPEC Door」~絶対預言者 冷泉俊明が守りたかった幸福の欠片~』
動画配信サービス「Paravi」にて2月18日(木)深夜0:00配信開始。
毎週木曜深夜0:00より独占配信。

PlusParavi

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、この夏に配信予定の新ドラマ情報を続々と公開中。6月14日現在、新ドラマ『REAL⇔FAKE 2nd Stage』『ナイト・ドクター』『彼女のウラ世界』『ボイスII 110緊急指令室』の予告動画が配信されているが、情報は順次追加予定となっている(※放送日時や配信予定は変更となる場合があります)。

ページトップへ
Twitter Facebook