『この恋あたためますか』古川琴音「新谷の表情にキュンとくることが多い」

毎週火曜22:00からTBS系で放送中の森七菜主演ドラマ『この恋あたためますか』。夢破れたコンビニアルバイトだった主人公・樹木(森)がコンビニチェーン社長・浅羽(中村倫也)と「一番売れる」スイーツ開発をしながら心の距離を近づけていく姿を描く本作。紆余曲折を経て樹木は新谷(仲野太賀)といい関係を築き、浅羽は元恋人・里保(石橋静河)と再び交際するも樹木への思いを見抜かれ別れてしまう・・・という4角関係が展開され、第9話ではついに浅羽が樹木へ告白。樹木が浅羽と新谷のどちらの手を取りクリスマスを過ごすのか、12月22日(火)に放送される最終回まで見逃せない展開に。今回、「ココエブリィ」上目黒店で働き、樹木とルームシェアをしている通称・スーちゃんを演じる古川琴音にインタビュー。主演・森やコンビニ店員仲間を演じる飯塚悟志一ノ瀬颯らの印象や、スーちゃんが主人公のParaviオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』の見どころなどを聞いた。

――古川さんが演じるスーちゃんのキャラクターはどのように作り上げていったのでしょうか?

自分でこういうキャラクターにしようと作っていったというよりは、ヘアメイクや衣装や台本のセリフ、周りの共演者の皆さんとの関係性などからスーちゃんのイメージが出来ていったように思います。中国人というのはスーちゃんのアイデンティティの一つなので、どうやって留学してきたかを考えたり中国で流行っている日本のアニメなどを調べて、これを見て漫画家になりたいと思ったのかなとか考えたりしました。日本に来るというのは結構な行動力がないとできないと思うので、大胆で積極的な女の子なんだなぁという像を描きつつ撮影に臨みました。

「スーちゃんはこういう子なんだ」と分かったのは、クランクインの日だったと思います。スーちゃんの全身の姿を見たとき。あとは、コンビニメンバーと一緒にいる時の雰囲気とかを肌で感じて実感しました。樹木と店長と陸斗とスーちゃん、4人で会った時に今ドラマで見られるような空気が既にできていたように思います。

――樹木を演じている森七菜さんのご印象はいかがですか?

良い意味で、とても自由な方だなという印象です。そこが樹木に通じる部分があるなと思っていて。お芝居を本当に楽しそうに、のびのびされているので、それに影響を受けて、私もリラックスして演じることができるようになりました。プライベートでも、とてもかわいらしい子なんですよ。私の誕生日の時とかにカードを書いてくれたんですけど、「いつでも背もたれになります」って書いてあって(笑)。かわいいですよね。すごく癒されました。

――その背もたれっていうのは、ふだんのじゃれあいとかから?

寄っかかった記憶はないんですけど(笑)。会うとハグしちゃうんですよね。だから樹木とスーの関係がそのまま残っているような感じもしますね。

――店長を演じる飯塚さんと陸斗役の一ノ瀬さんのご印象はいかがですか?

一ノ瀬さんは本当に人懐っこくて。最初にあいさつした時から、本当に恵比須の笑顔(Paraviで配信されているオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』で優しい笑顔が"恵比須"のようだと言われている)だなって。色々話してくれて、凄くチャーミングな方だなと思いました。飯塚さんは本当に優しい! 飯塚さんがいるから、安心して皆ボケられるんです(笑)。皆でボケて、飯塚さんに突っ込んでもらって・・・本当に優しくてすてきなお二人なんです。私の誕生日の日に撮影があったんですけど、飯塚さんが「ケーキ食べてないでしょう。食べに行こうよ」が言ってくれて、撮影の休憩時間にカフェに行ってごちそうしてくれてすごくうれしかったです。

――本編、オリジナルストーリーを撮影されてると思うのですが、それぞれの魅力はどこだと思いますか?

本編は樹木、社長、里保、新谷の4角関係に胸がしめつけられますよね。特に里保と、新谷の感情がリアルなんですよね。いろんな人にある恋愛の悩みというか、グっとくるポイントが多くて。そういうリアルなキュンキュンが本編にはあると思うんですけど、パラビの方は、もっとポップで、かわいい、面白い、楽しいというまた違ったキュンキュンが見られるんじゃないかなと思います。

20201222_koiataf_02.jpg

――古川さんが一番キュンとしたシーンはどこでしょう?

私は切ないのも好きなので、新谷の表情にキュンとくることが多いですね。樹木ちゃんが社長を思っている表情を見て、新谷の心にチクッと刺さるシーンがたくさんあるじゃないですか。その新谷の表情を見ていつも「あぁ・・・」ってなっちゃいます。無意識に新谷を応援してますね。

――パラビだと、本編もオリジナルも何回も見ることができますが、何回も見て欲しいポイントはありますか?

1話の店長が「えーー!」って驚くシーンがすごく好きで(笑)。炭酸子(佐野ひなこ)の陸斗への置手紙を自分あてだと勘違いして満開笑顔になっているところが好きで、何回も見てしまってるので、ぜひ皆さんにも観ていただきたいです!

――オリジナルストーリーの第5話では、ハリネズミの大福が活躍してましたね。大福との撮影は大変でしたか?

大福はすごく動くときと、寝ていて全然動かないときの差が激しくて(笑)。動いている時は全然手におさまらなくて、大福に話しかけるシーンを撮りたくても、降りようとしたりしちゃうんです。実は大福の影武者がいて、大福がどうしても動いちゃう時はその子にバトンタッチしてます。でもその子を大福のケージに入れた時に、大福がその子に恋しちゃって、それからもう本当に興奮して動きが止まらなくなっちゃって、大変でした(笑)。

――かわいいですね(笑)。大福の声は花江夏樹さんが務めていますよね。声を聴いた印象は?

大福、こんなカッコいい声だったんだって思いました(笑)。でも第5話での活躍を見ると、全てをわかってる感じがすごくカッコいいのでしっくりきましたね。

――最終回に向けてメッセージをお願いします。

きっと幸せな最終回が待っていると思うので、キュンキュンを楽しみにしてもらえたらと思います。本編の最終回は、樹木が誰とくっつくのか楽しみにしていてほしいです。そして、それぞれのキャラクターがどういうクリスマスを過ごすのかを、楽しみにしていただけたらと思います。

◆番組情報
『この恋あたためますか』
毎週火曜22:00よりTBS系にて放送中。12月22日(火)に最終回を放送。
地上波放送後には動画配信サービス「Paravi」でも配信中。
Paraviオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』も独占配信中。

PlusParavi

ヒロミさんとミスターちんさんと3人で結成した「B21スペシャル」として多くのテレビやライブに出演し、人気を博したデビット伊東さん。1990年代後半からは個々の活動も多くなり、デビットさんは俳優としても注目を集めることに。

ページトップへ
Twitter Facebook