美登里(草刈民代)は、娘の前で泣いたことのない母親だった。家事の苦手な美登里が、娘の前で完璧であるためにできる精一杯の意地。それが、"泣かない"ということだったとしたら。かけっこでゴールの前で転んでも、絶対家に帰るまでは泣かなかった唯(趣里)は間違いなく母親似なんだろう。ふたりは、母娘なんだろう。 『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22:00〜)第5話は、そんな家族のつながりをしみじみと...

ページトップへ
Twitter Facebook