元祖・学園ドラマと第一次黄金期 今年1月、俳優の夏木陽介さんが腎細胞がんのため亡くなられた。享年81。2009年に軽い脳梗塞を起こすなど、この10年ほどは病との付き合いが続いたという。改めてご冥福をお祈りします。 さて――その訃報を伝えるニュースで、夏木さんの代表作の一つとして挙げられていたのが、1965年から1966年にかけて放映されたドラマ『青春とはなんだ』(日本テレビ系)である。元々は東宝の...

ページトップへ
Twitter Facebook