■"藤原竜也演説"は全ての世界を成立させる ――藤原竜也が演じれば、全ての虚構は成立する―― ......そう言っても過言ではない。 「こんな世界あるか!?」「こんな奴いるのか!?」と一瞬、設定だけ聞くと訝しく感じてしまうような世界観でも、ひとたび放り込まれれば、そこにリアリティを生み出してくれるのが俳優・藤原竜也である。 そして、その藤原竜也パワーが、より強く発揮されるのが、"藤原竜也×演説"と...

次回 11月28日(土)よる10時 第8話が放送の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。不慮の事故により10歳で突然長い眠りにつき、25年ぶりに目覚めた主人公・望美(柴咲コウ)。外見は35歳、中身は10歳のままだった少女の成長と葛藤を描き、第7話ではついに心

ページトップへ
Twitter Facebook