気づいたら38になっていた。驚くことに、もう僕が生まれて38年も経ったということだ。毎日膨大なto doに追われ、今日が何月何日かさえ瞬時に答えられない日々を送っていると、どうしてもいちばん大切なことを忘れてしまう。 こんな僕でも、この世に生を受け、産声をあげたそのときに、喜んでくれた人がいたことを。何のために生きているのかわからなくなるような人生で、別に何かの役になんて立たなくても、ただ生まれて...

ページトップへ
Twitter Facebook