【ネタバレ】『#家族募集します』正解のない子育てに悩む父母を包むでっかい愛

「シングルマザーだって、夢を捨てなくてもいいでしょう?」

蒼介(仲野太賀)が提案し、もはや俊平(重岡大毅[ジャニーズWEST])が実質のリーダーになりつつある、お好み焼き屋「にじや」に集ってきた人々、通称(?)「みんなんち」の新メンバー、横瀬めいく(岸井ゆきの)の言葉である。彼女の言葉が、「みんなんち」メンバーの、過去や「こうあるべき」という固定観念にがんじがらめになった「母親論」に一石を投じる。『#家族募集します』(TBS)第2話は、自由奔放で明るいめいくに照らされて、蒼介の過去と、完璧すぎる礼(木村文乃)のシングルマザーとしての葛藤が浮き彫りになった回であった。そして、本作主題歌のタイトルどおり「でっかい愛」で"家族"たちを包み込む俊平の優しさも際立っていた。

「にじや」に、シンガーソングライターを目指しているというシングルマザーのめいくが息子・大地(三浦綺羅)と共にやってきた。蒼介の静止も聞かずお好み焼きに大量のマヨネーズ、さらにはタバスコを投入したり、家賃の支払いを「一瞬待って」という嫌な予感しかない発言をしたりと、蒼介たちを当惑させるめいく。さらには、大地を「にじや」に置いて、突然いなくなってしまう。

そんなめいくに対して、「母親ならこうあるべきだ」という主張を繰り返し、過剰な苛立ちを見せる蒼介の背景には、幼い頃、母親が、突然自分を置いていなくなってしまったという悲しい過去があった。蒼介の厚かましいほどの優しさの裏には、求めずにはいられなかった「理想の家族」への願望があった。だからこそ一生懸命「いい父親・母親」でいようとする俊平・礼に、失われた自分の「家族」の夢を重ねていたのだった。

また、めいくとは正反対の、真面目な母親である礼は、反発とはまた違った目線でめいくを見ている。めいくとは違い、「ちゃんとしたママでいたい」という思いに縛られてばかりいる自分を自覚しているからこそ、彼女はめいくに「少しだけ憧れ」ずにはいられない。

一方のめいくもまた、ただのちゃらんぽらんな母親ではなかった。ギターケースを担いで、大地を置いて街に出たものの、大地のことが頭から離れない。迷子のように夜の街を彷徨う、ちっぽけなめいくと、あてもなければ、彼女を信じる根拠もないのに、めいくを探して必死に自転車を走らせる俊平の横を、電車が通り過ぎる。『俺の家の話』(TBS)を手掛けた福田亮介演出がここでも光る。

子育てと夢の両立ができず「全部中途半端」だと戸惑うめいくに対して、井口理King Gnu)、オクイシュージ扮するミュージシャン仲間が「頭で歌詞を考えんな、腹の底から声出して、メロディのっけたらそれがあんたの歌になる」とアドバイスするのもまたよかった。そうやって彼女が紡ぎ出した「まだ歌詞もない」歌は、明らかに未完成で、だからこそ可能性を秘めていて、妙に味があるのだった。

なんだかんだで「みんなんち」に集い、「乗り掛かった船」に乗ってないといいつつ、心は完全に乗って、リードさえしているように見える俊平と礼が、なんだか嬉しそうな様子もいい。蒼介と新しい仲間に振り回され、手作り弁当を忘れたり、前の日と同じ服を着て出勤したりして、そのことを同僚に指摘されても、そんな「自分らしくない」変化を楽しんでいたりする。

怒りをおさめるために6秒数えるという、礼のアンガーマネジメントを、蒼介が懸命に実践しようとすること。俊平が語った、彼の亡き妻・みどり(山本美月)の怒らない子育てのエピソードを聞いた礼が、「怒られる」という恐怖に顔が一瞬歪むめいくを、怒るのではなく笑顔で抱きしめることで受け入れたこと。今回のテーマは「何の根拠もないのに信じられるのが家族」だったが、こうやって、誰かが誰かの習慣や行動を、自然と模倣していくこともまた「家族」であると、教えてくれた回でもあった。
そして、料理家のきじまりゅうたが監修を務める本作ならではの魅力である、めいくの作った「オムそば」がなんとも美味しそうである。

次回は少し間があいて、8月13日(金)放送とのこと。健気にみどりを待ち続ける、俊平の息子・陽(佐藤遙灯)に対して、俊平及び〝家族″たちは何をしてやれるのか。待ち遠しくて仕方ない。

(文・藤原奈緒/イラスト・まつもとりえこ)

【第3話(8月13日[金]放送)あらすじ】

めいく(岸井ゆきの)と大地(三浦綺羅)親子が暮らし始めて賑やかになった"にじや"。 なんだかんだ言いつつも、俊平(重岡大毅)と礼(木村文乃)も頻繁ににじやに顔を出すようになっていた。蒼介(仲野太賀)は、俊平と礼に、改めて「ここで一緒に暮らそう」と提案!しかし、礼は「誰にも頼りたくない」と蒼介の申し出をあっさり却下。一方の俊平も、みどりと一緒に住んでいた家を引き払う気にはなれず、にじやに住むことをためらっていた。

俊平は妻・みどり(山本美月)が亡くなったという事実を、息子・陽(佐藤遙灯)に伝えることができず、思い悩んでいた。そんな俊平の思いを汲み取ったにじやの面々は、お節介な蒼介を筆頭に、それぞれの方法で俊平に寄り添うことに。

"家族"の優しさに背中を押され、俊平は陽に向き合おうと心に決めるが・・・

◆番組情報
『#家族募集します』
毎週金曜22:00からTBS系で放送中。
地上波放送後には動画配信サービス「Paravi」でも配信。

PlusParavi

それぞれ人には言えない“秘密”を持つ小学生時代のクラスメート7人が同窓会で10年ぶりに再会し、ビルに閉じ込められることから始まるTELASAオリジナルドラマ『僕らが殺した、最愛のキミ』(※全6話、第1話は無料配信)。 W

ページトップへ
Twitter Facebook