「これを書けたから、もう小説家を辞めてもいいです」と作者の貫井徳郎氏が大きな自信を持って書き上げた最新ミステリー小説「罪と祈り」(実業之日本社)。グイグイ引き込まれてしまうストーリー展開に、一気読みしてしまうと話題になっています。あらすじや読みどころ、執筆するにあたっての作者の想いをご紹介します。

ページトップへ
Twitter Facebook