今年も夏の夜空を彩った花火。伝統的なものでありながら、時代とともに美しく進化を遂げていることをご存じですか?平成元年から令和元年の間に、花火がどう進化したのかご紹介します。 花火の「色」が劇的進化! 平成元年の花火の色は単色のみで、青・赤・緑・紫・黄・銀・金の合計7色でした。 平成

新時代のTVバラエティを担うアイドルやお笑いのスター候補生「第7世代」を育成するバラエティ特番第2弾『7G〜SEVENTH GENERATION〜』(フジテレビ※関東ローカル、12月25日、24:25〜)の収録が都内で行われ、MCを務める西野亮廣(キングコング)、出演者のSnow Man、四千頭身、さや香、さすらいラビーが収録後に見どころなどを語った。

ページトップへ
Twitter Facebook