鉛筆を作るときに発生する大量の木の削りカス。そのままではゴミになってしまうものですが、ある老舗鉛筆メーカーは年間1,000万円を売り上げるヒット商品を生み出しました。一体どんな商品なのでしょうか。 鉛筆作りでは4割もの木材が廃棄に 小規模な老舗工場として鉛筆を作り続けていた北星鉛筆。

「スタートアップ」が未来を創る――。話題のスタートアップや、イノベーティブな起業家をいち早く取り上げる「ビジネスにスグ効く」経済トークショー『日経STARTUP X』。PlusParaviでもテキストコンテンツとしてお届けする。 従業員の雇用契約や社会保険の諸手続きなど、企業の人事部の業務はいまだ「紙とハンコ」のスタイルが一般的。年末調整の時期には書類の山が出現し、社員らも面倒な作業から逃れられな...

ページトップへ
Twitter Facebook